蓄電池とは-蓄電池の無料見積もり・価格比較

蓄電池とは

電気をためる!蓄電池を利用して電気代を節約!

蓄電池はその名の通り、電気をためる機能を持った電池のことです。エネルギー分野で活用されているものは『二次電池』とも呼ばれ、一般的に流通している蓄電池(二次電池)はリチウムイオン電池、鉛蓄電池、ニッケル水素電池、NaS電池などがあります。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー用として使われるのはリチウムイオン電池を搭載したシステムが多くなっています。

補助金を利用してお得に設置できます。

高額な商品も多い蓄電池ですが、補助対象機器を設置すれば補助率1/3、個人の場合は上限100万円、法人の場合は上限1億円とかなり大きな額の補助金が支給されます。これらの補助金とは別に自治体毎に支給される場合もあり、高価ではありますが補助金を利用してお得に設置することが可能です。

災害などの緊急時に活用できる蓄電池

東日本大震災以降、緊急の停電や計画停電などに備えて蓄電池の需要が高まっています。太陽光発電との相性もよく、蓄電池を搭載したシステムも登場しています。技術開発も進んでおり、今後さらに高機能な蓄電池が販売されるでしょう。現在実現されている技術としては、HEMSと蓄電池を連携させることによって、「蓄電池の充電状況の表示」や「蓄電池の電力を利用した省エネ」などを行うことが可能となっています。

蓄電池のメリット・デメリット

蓄電池のメリットとデメリットを確認

メリット デメリット
電力を蓄えられる 価格が高い
停電時に電気を使える 蓄電池には寿命がある
電気代を削減できる 蓄電池の技術はまだまだ上がる
ピークシフトに役立つ 設置にはスペースが必要
太陽光発電HEMSとの連携 今後、低価格化が予想される
一般のコンセントを使って充電が可能 充電の完了にはある程度時間がかかる

蓄電池のまとめ

まだまだ高価ではありますが、国・自治体による補助金の後押しがあります。太陽光発電との相性が良いため、既に設置されている方、これから設置を検討される方は蓄電池の設置を検討してみてはいかがでしょうか。

26年度以降も国の補助金が継続されることが決定しており、自治体によっては高額の補助金を支給しているところもあります。費用対効果の面だけでなく、災害への備えや安心を担保できるメリットがあります。

蓄電池の見積もり・お問い合わせはこちらから




蓄電池の無料見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

補助金情報 蓄電池の補助金
蓄電池の補助金
各都道府県・市区町村の蓄電池の補助金をお探しいただけます。補助金を利用してお得に蓄電池を設置しよう!
メーカー比較 蓄電池のメーカー比較
蓄電池のメーカー比較
蓄電池のメーカーを比較していただけます。家庭用・産業用など用途に合わせてあなたにピッタリな蓄電池を見つけよう!
よくある質問 蓄電池のよくある質問
蓄電池のよくある質問
蓄電池についてのよくある質問一覧ページです。蓄電池のメリット・デメリットなど蓄電池選びの参考にしてください。
ページTOPへ