土地付き太陽光発電について-土地付き分譲太陽光発電の無料見積もり・価格比較

土地付き太陽光発電について

土地を持っていなくても太陽光発電ビジネスを始められる「土地付き分譲太陽光発電」

太陽光発電、特に産業用の場合は、ある程度の土地・屋根の面積が必要になりますが、土地付き分譲太陽光発電は土地や広い屋根を持っていなくても太陽光発電を始められることから、投資案件として人気が高くなっています。

「分譲ソーラー」「土地付き太陽光発電」といった呼ばれ方もしています。遊休地、山林、原野、農地、畑、雑種地など空いている土地の有効活用としても注目が高いです。大きな発電所を建設して、それを区分けして販売しています。1区画あたりの容量は50kW未満低圧の商品が多く、価格は2000万円前後が相場となっています。

商品によって少し異なりますが、基本的には土地の所有権・貸借権とセットになって販売されています。

土地付き分譲太陽光発電と投資案件の利回りを比較

土地付き分譲太陽光発電は投資案件として「利回り」が注目されています。まず、太陽光発電と一般的な投資商品、駐車場、ワンルームマンション、コンビニ経営を比較してみましょう。

土地付き分譲太陽光発電の利回り

参考:月間事業構想オンラインの資料からエコ発が作成

土地付き分譲太陽光発電の利回りは20年間で8~10%程度と言われています。他の投資案件と比べても特別に高いというわけではありませんが、「競合がいない」「安定した収益が見込める」という点で大きなメリットがあります。

土地付き分譲太陽光発電の安定性

「安定した収益が見込める」という点では土地付き分譲太陽光発電は非常に優秀な部類に入ります。コンビニ経営は当たれば大きなものになりますが、競合ができてしまった場合に厳しい状況になります。ワンルームマンションには空室リスク、駐車場には価格競争リスクが潜んでいます。

太陽光発電には故障というリスクがありますが、土地付き分譲太陽光発電の場合は管理も販売会社に任せることができるため、自己で管理を行うよりもリスクは低くなっています。また、故障した時に得られるはずだった売電額を補償してくれる売電補償を行っている販売会社もあります。

また、20年間同じ価格で買い取ってくれるため、収益シミュレーションが分かりやすく、ローンの返済計画も非常に立てやすいです。事業として行うものとしては安定性が高いのが土地付き分譲太陽光発電です。

土地付き分譲太陽光発電の価格

設置する土地や使用するモジュールなど、条件によって異なりますが、50kW低圧連係で土地代込2000万円前後の価格が相場となっています。土地に関しては、所有権と、貸借権のものがあるため、契約時に必ず確認するようにしましょう。

購入にあたって一番需要なのはファイナンスの部分です。価格交渉を行うことも可能なようですが、資金調達がしっかりしていないと交渉がスムーズに進まない場合があります。ファイナンスがしっかりしていれば価格や設置容量などの相談に乗ってくれる業者もあるようです。

土地付き分譲太陽光発電にリスク、デメリットはないの?

収益性、利回り、税制優遇など、メリットばかりが強調されている土地付き分譲太陽光発電ですが、果たしてリスクやデメリットはないのでしょうか。

いたずらや盗難のリスクもありますが、一番大きなリスクはやはり「故障」です。ちょっとした故障でも発電量が大きく低下してしまう可能性はあります。「早期発見・早期修理」に対応してくれる、安心して管理を任せられる販売会社から購入するようにしましょう。

自然災害などでモジュールが故障してしまった場合は、売電自体ができなくなってしまうため、収益が大きく下がってしまいます。売電を補償してくれる保険もあるようなので、そういった業者を選んでおくと安心です。分譲太陽光発電の場合は自分で管理するよりもリスクは低いですが、きちんとした保険に入っているか、故障した場合の補償はどうなっているのか必ず確認するようにしましょう。

土地付き分譲太陽光発電のまとめ

リスク、デメリットはありますが、相対的に見てメリットが大きいのが土地付き分譲太陽光発電の特徴です。安定して収益を上げられるという面では投資案件としてもレベルの高いものではないでしょうか。

出始めの頃は50kW低圧システムが中心でしたが、現在は1000万円以下の商品も販売されています。予算に合わせて購入することも可能になってきました。

利回りが高く、収益性も安定しており、税制優遇もされている土地付き分譲太陽光発電をご検討されている方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

土地付き分譲太陽光発電について無料問い合わせしてみる











ページTOPへ