分譲太陽光発電のリスク、デメリット-土地付き分譲太陽光発電の無料見積もり・価格比較

分譲太陽光発電のリスク、デメリット

分譲太陽光発電にリスク、デメリットはないの?

収益性、利回り、税制優遇など、メリットばかりが強調されている分譲太陽光発電ですが、果たしてリスクやデメリットはないのでしょうか。

いたずらや盗難のリスクもありますが、一番大きなリスクはやはり「故障」です。ちょっとした故障でも発電量が大きく低下してしまう可能性はあります。「早期発見・早期修理」に対応してくれる、安心して管理を任せられる販売会社から購入するようにしましょう。

自然災害などでモジュールが故障してしまった場合は、売電自体ができなくなってしまうため、収益が大きく下がってしまいます。売電を補償してくれる保険もあるようなので、そういった業者を選んでおくと安心です。また、故障した発電システムをきちんと復元してくれるのか?など契約の前にきちんと

分譲太陽光発電の場合は自分で管理するよりは故障をみつけやすいためリスクは低いですが、自然災害は防ぐのが難しいため、きちんとした保険に入っているか、故障した場合の補償はどうなっているのか必ず確認するようにしましょう。

他にも、20年の買取期間が終了したあとの発電設備の取り扱いにも注意が必要です。契約内容によっては、撤去を自分で行わなければならないケースもあるそうです。思わぬ出費が必要になるかもしれないので、20年の買取期間終了後も見据えて購入を検討するようにしましょう。

土地付き分譲太陽光発電の見積もり・お問い合わせはこちらから











ページTOPへ