太陽光発電について 屋根の方角・角度による発電量の違いについて-太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発

太陽光発電について

屋根の方角による発電量の違いについて

太陽光発電システムを設置する場合、屋根の方角と角度は非常に重要なポイントです。

設置に最適な屋根は『南向きで傾斜角度が30度の屋根』です。

※方角毎の発電効率(傾斜角30度の場合)
屋根の方角による発電量の違い

方角による発電効率の違い

日当たりのよい南側の屋根の発電効率を100%とすると、南東・南西が96%、東・西であれば85%の発電効率となります。

東向きや西向きに太陽電池を設置する場合は、南向きに設置した場合の85%の発電効率となるため、高効率のパネルで対応するなどして、発電量を確保したいところです。

屋根の角度による発電効率の違い

角度30度の屋根における発電効率を100%と考えた場合、20度・40度の屋根でも98%程度の発電効率となります。

適正な角度は緯度によって微妙に違ってくるため、例えば北海道では35度くらい、沖縄では20度くらいが理想です。北になるほど設置角度の傾斜を高く、南であれば低くするなどの調整が必要です。

東京や大阪であれば、南に向けて水平から30度くらいの角度でパネルを設置するのがベストです。屋根の形によっては角度の調整が可能な場合もあります。方角と比べると屋根の角度が発電効率におよぼす影響は少ないと考えてもよさそうです。

現在は、様々な屋根の形状に合わせたパネルがあります。また、発電効率のよいタイプのものを選ぶことで発電量を確保することも可能になってきています。屋根の向きや角度についてお悩みの方は、現地調査に来てもらうことで悩みが解決することもあります。ご不明な点はお問い合わせいただければと思います。











この質問と関連する記事

太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

最新情報 太陽光発電♪最新NEWS
太陽光最新情報
太陽光発電の最新情報はこちらからどうぞ!住宅用、産業用の情報をしっかりキャッチできます♪
よくある質問 太陽光発電よくある質問
分からないことはここで解決
太陽光発電に関するよくある質問コーナーです。『余剰と売電はどっちがお得?』など、気になるギモンは見積もりの前に解決!
ソーラーローン ソーラーローン取扱い金融機関一覧
お得に発電設備を付ける
ソーラーローンを取り扱う全国の銀行信用金庫をご紹介しています。融資を上手に活用してお得に太陽光発電を設置しよう!
補助金検索 補助金の金額
補助金情報を確認
全国の自治体の補助金額・期限の確認はこちらから!補助金を利用することで見積もりから更にお得に太陽光発電を設置できます。
メーカー比較 太陽光発電メーカー比較
メーカー比較
太陽光発電のメーカーを、発電量、保障、変換効率から比較。複数メーカーの見積もり・価格比較を依頼する前にチェックしよう!
特集 太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ。自分に最適な施工販売会社の見つけ方、見積もり比較のメリットをご紹介!

全国の太陽光発電施工販売業者の見積もり価格を比較して最安値を選ぼう!

ページTOPへ