太陽光発電について 26年度以降、産業用は増加、住宅用は微減の傾向に-太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発

太陽光発電について

26年度以降、産業用は増加、住宅用は微減の傾向に

国内太陽光発電システム市場規模推移と予測
出典:矢野経済研究所レポート 国内太陽光発電システム市場規模推移と予測

なぜ産業用は伸びるの?

平成26年度からは買い取り価格が下がることがほぼ確実な状況なので、市場規模が縮小するのでは?との懸念もありますが、こちらの資料では産業用太陽光発電に関しては2014年度、2015年度と2013年度を上回る規模で推移していくと予測されています。買い取り価格は2015年度に30円程度になると言われています。30円あれば採算的には充分とみられるため、こういった予測になっているのかもしれませんね。

住宅用は損なの?

平成26年度から住宅用太陽光発電の補助金が廃止されますが、そもそも補助金は10年程度で回収できるように設定されていたものです。設置費用はかなり下がってきているため、来年度以降に設置したからといって回収面で損だとはいえません。

設置費用が下がっているため、データ上は平成24年度よりも売電価格は多くなる計算になります。あくまで概算の数値ですが、

平成24年度に200万円の予算で太陽光発電を設置した場合
4kW×1000×42円=168,000円

平成25年度に200万円の予算で太陽光発電を設置した場合
5kW×1000×38円=190,000円

住宅用太陽光発電のシステム費用の価格推移

平成24年度は200万円で4kW程度の設置でしたが、今では5kW程度は設置できますから、買い取り価格が下がった分よりも設置できるkW数が増えているので、発電量で補填できます。

期間が10年、余剰電力のみの買い取りとなるため、産業用と比べると条件的には見劣りしますが、住宅用でも、200万円程度の資産運用であれば充分に見合う利回りを得られる商品ではないでしょうか。

太陽光発電の設置に関するお問い合わせ











太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

最新情報 太陽光発電♪最新NEWS
太陽光最新情報
太陽光発電の最新情報はこちらからどうぞ!住宅用、産業用の情報をしっかりキャッチできます♪
よくある質問 太陽光発電よくある質問
分からないことはここで解決
太陽光発電に関するよくある質問コーナーです。『余剰と売電はどっちがお得?』など、気になるギモンは見積もりの前に解決!
ソーラーローン ソーラーローン取扱い金融機関一覧
お得に発電設備を付ける
ソーラーローンを取り扱う全国の銀行信用金庫をご紹介しています。融資を上手に活用してお得に太陽光発電を設置しよう!
補助金検索 補助金の金額
補助金情報を確認
全国の自治体の補助金額・期限の確認はこちらから!補助金を利用することで見積もりから更にお得に太陽光発電を設置できます。
メーカー比較 太陽光発電メーカー比較
メーカー比較
太陽光発電のメーカーを、発電量、保障、変換効率から比較。複数メーカーの見積もり・価格比較を依頼する前にチェックしよう!
特集 太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ。自分に最適な施工販売会社の見つけ方、見積もり比較のメリットをご紹介!

全国の太陽光発電施工販売業者の見積もり価格を比較して最安値を選ぼう!

ページTOPへ