その他 10kW以上50kW未満(低圧連係)の太陽光発電設備の申請方法は電子申請のみ-土地付き・住宅用太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発

その他

10kW以上50kW未満(低圧連係)の太陽光発電設備の申請方法は電子申請のみ

10kW以上50kW未満電子申請

出典:経済産業省 資源エネルギー庁「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」

全量買取・余剰買取に関わらず、固定価格買取制度を利用して売電をおこなう場合は、「設備認定」を受ける必要があります。以前まで、10kW未満の設備が対象だった電子申請の範囲が平成25年1月10日から50kW未満にまで拡大されています。

50kW未満の設備については、電子申請で設備認定をおこなう必要があります。現在、書類の不備などで認定に時間がかかるケースが多く、電子申請での手続きを推奨しているようです。

50kW未満の太陽光発電設備の申請方法について

10kW未満 基本的にはシステムでの申請
インターネットでの申請ができない場合は所定の様式で書類を用意し、JPEA代行申請センターへ郵送。
10kW以上50kW未満 基本的にシステムでの申請
JPEA代行申請センターから、システムへのログインID、パスワードを確認する必要がある。
ログインID・パスワードお問い合わせ専用アドレス
jp-acidpwtoi@jpea.gr.jp
問い合わせ先 一般社団法人太陽光発電協会 JPEA代行申請センター(JP-AC)
TEL:03-5501-2001
(受付時間 平日9:20~17:20)

申請は自分で行うの?

設備認定に関しては設置する販売店や施工店が代理申請してくれるケースが多く、自分で行うケースは少ないようです。見積もりや問い合わせの段階で業者へ確認しておくとよいでしょう。もし自分で行わなければならない場合はJPEA代行申請センターに問い合わせるときちんと教えてくれます。その他ご不明点ございましたらお問い合わせくださいませ。

太陽光発電設備の申請、設備認定に関するお問い合わせはこちら











この記事を見た人が見ている他の記事

太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

最新情報 太陽光発電♪最新NEWS
太陽光最新情報
太陽光発電の最新情報はこちらからどうぞ!住宅用、産業用の情報をしっかりキャッチできます♪
よくある質問 太陽光発電よくある質問
分からないことはここで解決
太陽光発電に関するよくある質問コーナーです。『余剰と売電はどっちがお得?』など、気になるギモンは見積もりの前に解決!
ソーラーローン ソーラーローン取扱い金融機関一覧
お得に発電設備を付ける
ソーラーローンを取り扱う全国の銀行信用金庫をご紹介しています。融資を上手に活用してお得に太陽光発電を設置しよう!
補助金検索 補助金の金額
補助金情報を確認
全国の自治体の補助金額・期限の確認はこちらから!補助金を利用することで見積もりから更にお得に太陽光発電を設置できます。
メーカー比較 太陽光発電メーカー比較
メーカー比較
太陽光発電のメーカーを、発電量、保障、変換効率から比較。複数メーカーの見積もり・価格比較を依頼する前にチェックしよう!
特集 太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ。自分に最適な施工販売会社の見つけ方、見積もり比較のメリットをご紹介!

全国の太陽光発電施工販売業者の見積もり価格を比較して最安値を選ぼう!

ページTOPへ