その他 経産省による認定取り消し、最大で738万キロワットに-太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発

その他

3月までに最大672件(発電能力303万キロワット)の認定を取り消しへ

経済産業省による太陽光発電の設備認定取り消しについての続報です。

エコ発にて前回取り上げた際は、どのくらいの発電能力が取り消されるのか分かりませんでしたが、朝日新聞では細かい数字が掲載されていました。

経済産業省は14日、太陽光で発電した電気の固定価格買い取り制度で建設を認めたにもかかわらず、建設を始めていない事業者最大672件(発電能力303万キロワット)の認定を取り消すと発表した。2012年7月の制度開始以来、認定の取り消しは初めて。

認定を取り消すのは、国の認定後も、発電施設を建てる土地も太陽光パネルなどの資材も準備していなかった業者。3月中をめどに、各業者から事情を聞いた上で取り消す。建設用の土地と資材のどちらかしか準備していなかった業者など971件(同435万キロワット)も、今年8月末までに両方を準備しなければ取り消す方針だ。

引用元:太陽光の業者、672件の認定取り消し 経産省:朝日新聞デジタル

3月中に最大672件(発電能力303万キロワット)、8月末までに土地と資材の両方を用意できない場合は、さらに971件(同435万キロワット)が取り消される方向です。合計すると、1643件(738万キロワット)。平均で1件あたり約4500キロワット=4.5MW程度が認定されていたということになります。

42円の案件については否定的な意見が多いですが、予算やモジュールが確保できないなどの致し方ない理由であれば、これほど大きな問題になることはなかったでしょう。実際、42円の受け付けが終了してから1年近く経っていますから、計画を見直すにはかなりの猶予があったはずです。

今後取り消しや計画の頓挫など、太陽光発電には多くの問題がでてくることが予想されます。導入を検討されている方は慎重に業者を選ぶようにしましょう。

資格を持った太陽光発電アドバイザーに相談











太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

最新情報 太陽光発電♪最新NEWS
太陽光最新情報
太陽光発電の最新情報はこちらからどうぞ!住宅用、産業用の情報をしっかりキャッチできます♪
よくある質問 太陽光発電よくある質問
分からないことはここで解決
太陽光発電に関するよくある質問コーナーです。『余剰と売電はどっちがお得?』など、気になるギモンは見積もりの前に解決!
ソーラーローン ソーラーローン取扱い金融機関一覧
お得に発電設備を付ける
ソーラーローンを取り扱う全国の銀行信用金庫をご紹介しています。融資を上手に活用してお得に太陽光発電を設置しよう!
補助金検索 補助金の金額
補助金情報を確認
全国の自治体の補助金額・期限の確認はこちらから!補助金を利用することで見積もりから更にお得に太陽光発電を設置できます。
メーカー比較 太陽光発電メーカー比較
メーカー比較
太陽光発電のメーカーを、発電量、保障、変換効率から比較。複数メーカーの見積もり・価格比較を依頼する前にチェックしよう!
特集 太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ。自分に最適な施工販売会社の見つけ方、見積もり比較のメリットをご紹介!

全国の太陽光発電施工販売業者の見積もり価格を比較して最安値を選ぼう!

ページTOPへ