その他 平成26年度の買取価格はいくらになる?税込み34~36円が有力。-土地付き・住宅用太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発

その他

平成26年度の買取価格はいくらになる?税込み34~36円が有力。

平成26年度の買取価格が正式に発表されています。10kW未満の住宅用37円(内税)、10kW以上の産業用32円(税抜き)になることが決まりました。

平成26年度の買取価格を決める第14回調達価格等算定委員会が3月3日に開催されました。

主要なニュースサイト等でも税込み36円台になるといった見方が主流となっています。本日付けの日本経済新聞の電子版でも記事が掲載されています。当初は32円~34円になると見られていただけに下げ幅は小さくなる見込みです。

経済産業省は6日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づく太陽光(出力10キロワット以上)の価格を、2014年度は1キロワット時あたり36円台(税込み)に下げる方向で最終調整に入った。今年度は同37.8円だった。太陽光パネルなどが値下がりして、発電コストが下がっているのを反映させる。価格引き下げは2年連続となる。

また、税方式の変更も検討する。現在は国が定めた価格に消費税分を上乗せする「外税方式」を採用。太陽光の買い取り期間は20年間で、この期間中に税率が上がればその分も価格に上乗せされる。これを、税率が上がっても価格は変えない「内税方式」に改める。事業者にとって将来の収益が見通しにくくなるとの指摘もある。

出典:日経電子版 太陽光、税込み36円台に下げ 来年度買い取りで

気になるのは現在の「外税方式」から「内税方式」へと変更される点です。買取期間は20年間ですが、その間に消費税が大きく上がってしまった場合、収益性が低くなってしまう可能性があります。既に運転開始している設備の税方式はどうなるのかも気になるところです。

買取価格下落の影響

50kW低圧を設置した場合の37.8円と36円の収益の違い

37.8円 36円
月間 157,500円 150,000円
年間 1,890,000円 1,800,000円
20年間 37,800,000円 36,000,000円
結果 1.8円の下落で
1,800,000円の収益低下

※年間発電量1,000kWhとして計算。

20年間でマイナス180万円をどう捉えるか?

もちろん買取価格が下がるので、収益が下がるのは間違いありません。ただし、年間で換算すると9万円、月間だと7500円の差になります。日射量や使用するモジュールによっても収益は異なるので、投資の観点で見れば誤差の範囲内と言っても過言ではないでしょう。

初期投資を抑えることで180万円の差を埋めることは可能です。50kW低圧の価格は『2000万円前後』が主流です。この『前後』というのがポイントで、1800万円で済む場合や2200万円かかるものもあります。こちらも使用機器や補償内容によって価格が異なるので、一概にどちらが良いと判断するのは難しいですが、例えば『モジュールを海外製にする』などして費用を抑えることは可能です。

もちろん損だと思ってしまうのは仕方ありませんが、対応策を考えることで180万円のマイナス分以上の収益を上げることも可能です。また、26年度中であればグリーン投資減税の一括償却を活用することも大きなメリットになります。

また、当初は税込みで32円台になると見られていただけに、36円台で落ち着けば収益性への影響は限定的となるでしょう。34円台になったとしても、太陽光発電自体は、収益面を考慮してもまだまだ魅力的な投資案件であることに変わりはありません。
資産運用としての太陽光発電

消費税が内税方式となる影響

税金の方式が変更となる点についても、現在の制度では課税売上高が1,000万円を超える場合にしか消費税はかかりません。50kW低圧の年間売電額は200万円程度のため、消費税がかかることもありません。(その他の収入と合算した場合など課税対象となる可能性もあります。税金に関しての詳細は必ず税務署でご確認ください)

収益性を重視したい方は「分譲型」も検討しましょう

平成26年度以降に価格が下落することによる収益性の問題について、影響が限定的なことは前項まででお伝えいたしましたが、どうしても『下がった価格での設置はイヤだ』という方もいらっしゃるかと思います。

その場合は、「土地付き分譲型」を検討してもよいでしょう。分譲型は買取価格が確定しているものを業者が区画毎に販売しているので、買取価格下落の影響を受けることはありません。37.8円確定案件を購入することが可能です。数は少ないですが42円の案件も販売されています。

収益性を重視される場合は分譲型も検討してみましょう。

エコ発は太陽光発電アドバイザーの資格を持ったスタッフに無料で相談が可能です。











太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

最新情報 太陽光発電♪最新NEWS
太陽光最新情報
太陽光発電の最新情報はこちらからどうぞ!住宅用、産業用の情報をしっかりキャッチできます♪
よくある質問 太陽光発電よくある質問
分からないことはここで解決
太陽光発電に関するよくある質問コーナーです。『余剰と売電はどっちがお得?』など、気になるギモンは見積もりの前に解決!
ソーラーローン ソーラーローン取扱い金融機関一覧
お得に発電設備を付ける
ソーラーローンを取り扱う全国の銀行信用金庫をご紹介しています。融資を上手に活用してお得に太陽光発電を設置しよう!
補助金検索 補助金の金額
補助金情報を確認
全国の自治体の補助金額・期限の確認はこちらから!補助金を利用することで見積もりから更にお得に太陽光発電を設置できます。
メーカー比較 太陽光発電メーカー比較
メーカー比較
太陽光発電のメーカーを、発電量、保障、変換効率から比較。複数メーカーの見積もり・価格比較を依頼する前にチェックしよう!
特集 太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ。自分に最適な施工販売会社の見つけ方、見積もり比較のメリットをご紹介!

全国の太陽光発電施工販売業者の見積もり価格を比較して最安値を選ぼう!

ページTOPへ