その他 平成26年度分の買取価格も住宅用は内税方式、産業用は外税方式-太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発

その他

平成26年度分の買取価格も住宅用は内税方式、産業用は外税方式

平成26年度からの売電単価は10kW未満の住宅用37円(内税)、10kW以上の産業用32円(税抜き)になることが決まりました。一時は産業用も内税方式にすることを検討されていましたが、外税方式が維持されたことは収益面ではプラスになります。

土地付き分譲型太陽光発電の場合も外税方式はメリットになります。

平成25・26年度の10kW以上・10kW未満の太陽光発電の買取価格

参照:経済産業省 再生可能エネルギーの平成26年度の買取価格・賦課金を決定しました

元々10kW未満の余剰買取は「内税方式」でした。「外税方式」と「内税方式」ではどのくらいの違いがあるのでしょうか。

外税方式と内税方式の違い

外税方式 「買取価格+消費税」で買取価格を決定。
消費税率が変更された場合、消費税分が変更されるため、買取価格もその分変更される
内税方式 「買取価格に消費税を含む」形で買取価格を決定。
消費税率が変更されても買取価格は変更されない。

上記をふまえて、消費税増税によって10kW以上と10kW未満の買取価格がどう変化していくのか見ていきます。

買取価格の推移 外税方式 内税方式

設置容量 10kW以上 10kW未満
平成24年度 42円(40円+税)
26年度から43.2円(40円+税)
42円(税込)
平成25年度 37.8円(36円+税)
26年度から38.88円(40円+税)
38円(税込)
平成26年度 34.56円(32円+税)
消費税の増税により増収も
37円(税込)

2015年(平成27年)10月には消費税が10%へと引き上げられる予定なので、10kW以上を設置した方は増税による増収が見込まれます。

関連記事⇒太陽光発電と消費税増税。「課税事業者」と「免税事業者」の違い

26年度以降の設置は損?

買取価格が下がったため、損だとイメージしてしまうかもしれませんが、外税方式が維持されたことで一定の安定性は保たれたのではないでしょうか。グリーン投資減税による一括償却は26年度中も活用することができ、太陽光発電の事業性の魅力が薄れたわけではありません。投資としての安定性は他の投資と比べてもまだまだ優位です。

43.2円、38.88円で売電をしたい!

34.56円でも収益面で問題はありませんが、より大きな収益を上げたい場合、やはり43.2円、38.88円の売電単価は魅力的です。分譲型であれば設備認定を取得済みの物件も多数用意されています。もちろんグリーン投資減税を活用した一括償却も可能です。

43.2円、38.88円で太陽光発電を導入したい方はこちら











太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

最新情報 太陽光発電♪最新NEWS
太陽光最新情報
太陽光発電の最新情報はこちらからどうぞ!住宅用、産業用の情報をしっかりキャッチできます♪
よくある質問 太陽光発電よくある質問
分からないことはここで解決
太陽光発電に関するよくある質問コーナーです。『余剰と売電はどっちがお得?』など、気になるギモンは見積もりの前に解決!
ソーラーローン ソーラーローン取扱い金融機関一覧
お得に発電設備を付ける
ソーラーローンを取り扱う全国の銀行信用金庫をご紹介しています。融資を上手に活用してお得に太陽光発電を設置しよう!
補助金検索 補助金の金額
補助金情報を確認
全国の自治体の補助金額・期限の確認はこちらから!補助金を利用することで見積もりから更にお得に太陽光発電を設置できます。
メーカー比較 太陽光発電メーカー比較
メーカー比較
太陽光発電のメーカーを、発電量、保障、変換効率から比較。複数メーカーの見積もり・価格比較を依頼する前にチェックしよう!
特集 太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ。自分に最適な施工販売会社の見つけ方、見積もり比較のメリットをご紹介!

全国の太陽光発電施工販売業者の見積もり価格を比較して最安値を選ぼう!

ページTOPへ