用語集 屋根材型太陽電池モジュール-太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発

用語集

屋根材型太陽電池モジュール

屋根材型太陽電池モジュールは、屋根材としての機能を有し、屋根下地、または屋根構造材に直接取り付けられるものを指します。屋根材としての機能も持つため、防火性や耐火性も有しています。システム的な部分は屋根置き型太陽電池モジュールとほぼ同じ内容となります。発電量や変換効率などは屋根置き型と比べて低い傾向がありますが、屋根と一体的に設置できるため、きれいな見た目でモジュールを設置できる利点があります。

kyocera-yanezai

屋根置き型太陽電池モジュールと同じく、屋根に要求される耐久性・防水性を満足できてかつ、安全性を確保できる強度を有する設置方式である必要があります。

設置場所・条件について

屋根材型太陽電池モジュールの設置場所は、住宅の屋根の上を基本としています。

設置条件

  • モジュール取り付け後は荷重が増えます。重さに耐えられる構造と強度を持った屋根・建物に設置する必要がある。
  • 設置する場所は南向きの日当たりの良い屋根面とすることが基本となります。
  • 風による影響でモジュールが飛ばされないように設置場所の想定風圧荷重は、耐荷重性能や設置方式によって決まる取り付け強度を守る必要があります。風圧荷重が大きくなる軒先・けらば・棟等部は特に考慮すること。
  • 近隣で火災が発生した場合、軒先部分は延焼する恐れがあります。そのため施工方法に合わせて防火対策を施す必要があります。

この他、屋根勾配がゆるい場合の防水性能の低下、屋根流れ方向の距離が長い場合は、雨水を処理しきれない可能性もあります。

設置方法

屋根下地・屋根構造材と結合する金具については、長期間使用できるものを使用する必要があります。既築住宅などで屋根の改修工事時に屋根材型太陽電池モジュールを設置する場合は、モジュールの乗せる場所の屋根下地材の構造や強度を確認する必要があります。場合によっては、屋根の補修や、新たに防水層となるルーフィング材の上張り・張替えなど、下葺き材の追加をしてから、モジュールを設置することもあります。また、多雪地域に設置する場合は、積雪でモジュールが壊れないよう許容量をメーカーや販売店に確認する必要があります。

太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

最新情報 太陽光発電♪最新NEWS
太陽光最新情報
太陽光発電の最新情報はこちらからどうぞ!住宅用、産業用の情報をしっかりキャッチできます♪
よくある質問 太陽光発電よくある質問
分からないことはここで解決
太陽光発電に関するよくある質問コーナーです。『余剰と売電はどっちがお得?』など、気になるギモンは見積もりの前に解決!
ソーラーローン ソーラーローン取扱い金融機関一覧
お得に発電設備を付ける
ソーラーローンを取り扱う全国の銀行信用金庫をご紹介しています。融資を上手に活用してお得に太陽光発電を設置しよう!
補助金検索 補助金の金額
補助金情報を確認
全国の自治体の補助金額・期限の確認はこちらから!補助金を利用することで見積もりから更にお得に太陽光発電を設置できます。
メーカー比較 太陽光発電メーカー比較
メーカー比較
太陽光発電のメーカーを、発電量、保障、変換効率から比較。複数メーカーの見積もり・価格比較を依頼する前にチェックしよう!
特集 太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ。自分に最適な施工販売会社の見つけ方、見積もり比較のメリットをご紹介!

全国の太陽光発電施工販売業者の見積もり価格を比較して最安値を選ぼう!

ページTOPへ