用語集 キュービクル-太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発

用語集

キュービクルについて

キュービクルは一般的に『キュービクル式高圧受電設備』のことをいいます。発電所から変電所を通して送られてくる6,600Vの電気を100Vや200Vに変圧する受電設備を収めた金属製の箱の事をいいます。

キュービクル画像

駐車場の隅や、屋上などに設置されていることが多いですね。

キュービクルの役割・構造

太陽光発電設備に限らず、50kW以上の発電設備の場合は高圧連係と決められています。そして、高圧で連係するためにはキュービクルが必要です。

キュービクルの見た目はベージュっぽい色をした大きな冷蔵庫のような金属製の箱です。建物の屋上や裏側、駐車場などの空きスペースに設置されていて『変電設備』という注意マークが貼ってあります。

キュービクルは高圧連係に必要な変電設備です。キュービクルの内部で6600Vの電気を100V、200Vに変換します。

キュービクルの中には
・電圧、電流、電力量等の測定、表示をおこなう計器類
・回路の開閉等を行う開閉器類
・過電流、地絡発生時の機器の保護、過電圧抑制等を行う保護装置
・電圧の変圧を行う変圧器
が収められています。この内部で6,600Vの電気を100Vや200Vに変圧します。

産業用太陽光発電に関連したものとしては、固定価格買取制度に対応したキュービクルが発売されています。
パワコンと一体型になったものもあります。一体型タイプの場合、パワコンがキュービクルの金属箱内部に収納されるため、風雨などの外的要因リスクを軽減できる利点があります。

太陽電池で発電した電力を全量系統側へ逆潮流させるための太陽光発電設備専用のキュービクルも発売されています。

キュービクルの価格

キュービクルの価格は一般的には100万円から500万円といわれています。価格は発電設備の規模が大きくなるほど高価になります。同時に保守管理も必要なため、導入費用とランニングコストがかかることになります。中古やリースもありますが、安いものではありませんね。

導入費用は高額で、保守の手間はかかりますが、電気料金の単価は安くなります。大規模な事業所など、電気を大量に使用する場合には、キュービクルを利用して高圧受電契約することによって電気料金を下げることができます。

50kW以上の産業用太陽光発電の設置を検討している場合は、キュービクルの導入費用の高さから設備を50kW未満にする方もいるようです。これはケースバイケースですので、予算と設置容量によって検討するのがよいと思います。ただ、売電がメインとなるので、100kWの設備などの場合は、50kW未満二つに分割するなどの対応をおこなうこともあるようです。

太陽光発電とキュービクルのまとめ

  • 50kW以上の発電設備にはキュービクルが必要
  • 固定価格買取制度以降、太陽光発電設備専用のキュービクルも発売されている
  • 導入費用、保守費用のコストが高い

産業用の太陽光発電システムの販売を行なっている施工会社やメーカーが50kW未満の市場に注目しているのはこういった背景があるのかもしれないですね。











太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

最新情報 太陽光発電♪最新NEWS
太陽光最新情報
太陽光発電の最新情報はこちらからどうぞ!住宅用、産業用の情報をしっかりキャッチできます♪
よくある質問 太陽光発電よくある質問
分からないことはここで解決
太陽光発電に関するよくある質問コーナーです。『余剰と売電はどっちがお得?』など、気になるギモンは見積もりの前に解決!
ソーラーローン ソーラーローン取扱い金融機関一覧
お得に発電設備を付ける
ソーラーローンを取り扱う全国の銀行信用金庫をご紹介しています。融資を上手に活用してお得に太陽光発電を設置しよう!
補助金検索 補助金の金額
補助金情報を確認
全国の自治体の補助金額・期限の確認はこちらから!補助金を利用することで見積もりから更にお得に太陽光発電を設置できます。
メーカー比較 太陽光発電メーカー比較
メーカー比較
太陽光発電のメーカーを、発電量、保障、変換効率から比較。複数メーカーの見積もり・価格比較を依頼する前にチェックしよう!
特集 太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ。自分に最適な施工販売会社の見つけ方、見積もり比較のメリットをご紹介!

全国の太陽光発電施工販売業者の見積もり価格を比較して最安値を選ぼう!

ページTOPへ