平成26年度までに太陽光発電を設置したい方のためのQ&A【産業用】 - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

平成26年度までに太陽光発電を設置したい方のためのQ&A【産業用】

公開日:2014/01/02 | 最終更新日:2020/10/29 | カテゴリ:太陽光発電の基礎知識

産業用太陽光発電を平成26年度までに設置することは可能ですか?

平成25年度内に産業用太陽光発電を設置したい場合、間に合うか微妙な状況です。条件によってはギリギリ間に合うかもしれないので詳しくみていきましょう。

既に見積もりを取っていて、価格交渉や工事の日程など業者との話し合いが詰めの段階に入っている方は問題ないでしょう。

まだ検討段階の方は時間的にかなり厳しいかもしれません。無理なスケジュールで進めると値段交渉やメーカーの選定など、余裕を持って進めることができません。優良な業者であれば親身になって相談してくれますが、あまりよくない業者であれば時間がないのをいいことに、契約を急かしてくることも考えられます。

産業用の場合、工期自体は早ければ1ヶ月程度で終わりますが、見積もりからの価格交渉や、経産省の設備認定、電力会社の手続きなど工事以外にも時間がかかります。スムーズに進めば間に合うかとは思いますが、例えば『電力会社からの回答が遅い』など、他の要素で時間が取られてしまった場合に、年度内に設置できない可能性があります。

また、年度内の設置を急ぐ方が多いため、施工業者も非常に忙しい状況です。工事が詰まって案件が捌ききれないため、見積もり自体を断られるという事例もあります。評判の良い業者ほど先に予定が埋まっていくので、安心して設置したい方は早めに行動したほうがよいでしょう。

どうすれば平成26年度までに設置できますか?

産業用の場合は『土地』と『予算』を確保していることが重要です。現在何も準備していない状態の方は難しいかもしれません。太陽光発電に適した土地は企業などもこぞって探しており、価格も高騰気味で、供給が不足しています。良い土地を見つけるだけでもかなり時間がかかる状況です。

また、産業用の場合は住宅用よりも予算が大きいため、ローンなどしっかりとした準備が必要です。1000万円以下であれば無担保の商品も多いので、そういったものの利用を検討してみてもよいでしょう。50kWクラスの場合は金額も大きなものになるため、資金をしっかりと確保していることが重要です。

土地はないけれど、資金は確保できているという場合は、分譲用太陽光発電を検討してもよいでしょう。

平成26年度以降、太陽光発電の事業性が不安視されていることから、25年度内の設置を急ぐ方が多くいらしゃいます。年末、年度末にかけて、設置希望者が増加することが予想されます。太陽光発電の設置をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。年度内に設置できる業者をご紹介させていただきます。

平成25年度内に設置したい方はこちら

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

太陽光発電
蓄電池のみのお見積り
メインタイプキャッチ メインタイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり