東芝の新モジュール「Vシリーズ」で無駄なく屋根のスペースを活用 - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

東芝の新モジュール「Vシリーズ」で無駄なく屋根のスペースを活用

公開日:2013/06/25 | 最終更新日:2021/09/06 | カテゴリ:ニュース

東芝の新モジュール「Vシリーズ」で無駄なく屋根のスペースを活用

東芝の新モジュール「Vシリーズ」で無駄なく屋根のスペースを活用

今年から東芝が発売している太陽電池モジュールのVシリーズ「175W太陽電池モジュール」(LPV-175V-BLK-J)と「125W太陽電池モジュール」(LPV-125V-BLK-J)を利用することで、今まで以上に屋根にモジュールを載せることが可能になっています。

既に発売されている「200W太陽電池モジュール」(LPV-200V-BLK-J)と組み合わすことができ、200Wと125W、175Wと125Wというように、2通りの組み合わせで利用することができます。

上手く組み合わせることで、限られた屋根スペースにフィットした設置が可能です。今まで置けなかった場所にも置けるようになるので、屋根のスペースを効率よく使うことができ、より多く発電量を確保できることになります。

Vシリーズのぴったり発電、効率よく屋根を利用して、発電量アップ!

東芝のVシリーズ

1.ぴったり発電™(優れた拡張性)
Vシリーズの太陽電池モジュールでは、200W太陽電池モジュールと125W太陽電池モジュール、175W太陽電池モジュールと125W太陽電池モジュールの2通りの組合せ※1が出来、限られた屋根にぴったりとフィットした効率的な発電が可能です

出典:東芝 トピックス ぴったり発電™のVシリーズ「175W太陽電池モジュール」及び「125W太陽電池モジュール」を同時発売!

画像の例のように、175Wのモジュールを16枚設置して、中途半端にスペースが残ってしまった場合、残りのスペースに125Wモジュールを4枚設置することができます。このケースの場合、容量が18%アップ、年間発電量は500kWh程度アップ、年間売電収益も2万円程度増える計算です。

反射を抑えて発電効率アップ!、PID耐性も立証済み

元々、発電効率が高いことで評価・人気の高い東芝のモジュールですが、今回のVシリーズでは、セル表面に反射防止膜とARコート(反射低減コート)を採用して、セルに太陽光をしっかり取り込み、発電効率を増大させています。

また、PID試験では第三者機関、株式会社ケミトックスにて、60℃、85%、-1000Vdcの条件下で96時間後の最大出力保持率を測定しています。住宅用・産業用で長期間、安心して利用することができます。

東芝の太陽光発電システムの設置を検討している方へ

エコ発では、東芝製の太陽光発電システムを取り扱う施工販売業者へ、無料で見積もり依頼いただけます。

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

太陽光発電
蓄電池のみのお見積り
メインタイプキャッチ メインタイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり