国の補助金が平成26年3月31日で終了。予算超過の場合は早期終了 - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

国の補助金が平成26年3月31日で終了。予算超過の場合は早期終了

公開日:2014/01/05 | 最終更新日:2020/10/29 | カテゴリ:ニュース

国の補助金が平成26年3月31日で終了。予算超過の場合は早期終了

経済産業省より、住宅用太陽光発電の補助金の受付終了がアナウンスされています。

住宅用太陽光発電システムの価格低下を促しつつ市場拡大を図るため、経済産業省の補助を受けて太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が行ってきた住宅用太陽光発電導入支援補助金の補助金申込書の受付は、平成26年3月31日(当日消印有効)を以て終了となりますので、国の補助金を活用した住宅用太陽光発電システムの導入をご検討されている方は、予めご注意ください。

なお、上記の申込期間中であっても、申し込まれた補助金の総額が予算残額を超過することが明らかになった場合には、補助金申込書の受付は終了となります。

出典:経済産業省 住宅用太陽光発電導入支援補助金の補助金申込書の受付終了について

予算を超えない限りは、受理日の早い順に補助金の交付対象になるとのことなので、住宅用の太陽光発電を検討されている方は、早めに計画を進めたほうがよいでしょう。

補助金申込書をJ-PECが受付処理した日を受理日とし、平成26年3月31日(当日消印有効)までに申し込まれた補助金の総額が予算残額を超えない限り、受理日の早い順に補助金の交付対象とします。

仮に、申込期間中であっても、申し込まれた補助金の総額が予算残額を超過することが明らかになった場合、補助金申込書の受付を終了することとなった旨を経済産業省のプレスリリース及びホームページ掲載によりお知らせいたします。

この場合、申し込まれた補助金の総額が予算残額を超過した日を補助金申込書の受付終了日とし、この日を過ぎてから到達した補助金申込書については、受付を行わないこととします。ただし、消印等で発送日が確認できるものについては、地域による配達日数の差に配慮します。

出典:経済産業省 住宅用太陽光発電導入支援補助金の補助金申込書の受付終了について

予算を超えることがわかった時点で補助金の交付は終了となります。その場合は先着順になります。
『消印等で発送日が確認できるものについては、地域による配達日数の差に配慮します。』とのことですが、ギリギリのタイミングになった場合はどうなるのか定かではありません。申請される方は早めに手続きしておくと安心かと思います。

早く打ち切られることはあるの?

予算の残額が公表されていないので早く終了するのかどうかは分かりませんが、公式サイト上で『予算残額を超過することが明らかになった場合』とアナウンスされていることから、予算がなくなることも想定しているのかもしれません。

エコカー補助金の時もそうでしたが、今回の発表を受けて、申し込みが殺到することも予想されます。なくなってしまう前に、現在国から交付される補助金の金額を確認しておきましょう。

平成25年度の国からの太陽光発電補助金

設置するシステム1kW当たりの経費 1kwあたりの補助金
410,000円以下 20,000
500,000円以下 15,000

上限は9.99kWなので、最大で199,800円の補助金がもらえます。住宅用の平均設置容量は4kW程度なので、平均しても6万円~8万円の補助金が交付されます。設置費用は下落傾向ですが、まだまだ安いといえるものではありません。太陽光発電を設置する上で補助金の存在はありがたいものです。検討されている方は早めに計画を進めるようにしましょう。

補助金終了の前に太陽光発電を設置したい方はこちらから

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

太陽光発電
蓄電池のみのお見積り
メインタイプキャッチ メインタイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり