低圧(50kw未満)。野立て太陽光発電の費用と回収期間 - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

低圧(50kw未満)。野立て太陽光発電の費用と回収期間

公開日:2013/06/14 | 最終更新日:2021/09/02 | カテゴリ:投資用土地付き分譲太陽光発電に関して

低圧(50kw未満)。野立て太陽光発電の費用と回収期間

50kW未満の低圧連係にメリットが多いことから、遊休地や農地などに野立ての太陽光発電システムを設置するケースが増えているようです。ここでは、野立てで設置する場合の費用と回収期間について詳しくみていきましょう。

野立てに太陽光発電システムを設置する場合の費用

条件にもよりますが、1500万円~2000万円の費用がかかります。パッケージで販売されている商品もありますが、どの商品も1500万円前後の価格となっています。おおよそ1kWあたり30万円~40万円程度の価格が目安となります。

価格の内訳

  • システム価格一式(モジュール、架台、パワコン等):1200万円~1800万円
  • 工事費用:300万円~500万円

この他に電力会社との接続検討費用(21万円)、農地の場合は地目変更手続きの費用(数十万円)、電柱が近くにない場合は、電力会社に電柱を設置してもらうための工事費用が必要になります。

回収期間について

回収期間の目安を計算してみましょう。システム容量は49kW、費用は1kWあたり32万円として1,568万円、年間の発電量はJPEAの数値を参考に1,000kWhとしてシミュレーションしています。売電額は1kWあたり37.8円です。

1年間の収益
49×1,000×37.8=1,852,200円

回収期間
15,680,000円÷1,852,200円=8.46年

あくまでシミュレーションでの数字のため、発電量が多ければ早くなり、もしトラブルなどが起こってしまった場合は遅れてしまうことになります。目安としては8~9年程度と考えておくとよいでしょう。回収が終われば、それ以降は収益になります。9年で回収が終わったとしても、残りの11年間は毎年200万円弱の収益を上げることになります。

回収完了後の収益
1,852,200円×11=20,374,200円(11年間の合計)

今回の事例で考えると、野立てだからといって特別に回収期間が早くなるわけではありません。回収が早くなる条件は、

  • 「初期投資を抑える」
  • 「シミュレーション以上に発電する」
  • 「故障しない」

この3点が重要です。シミュレーション以上に発電するかどうかは設置してみないと分かりませんが、「故障しない」については、日々の売電量をチェックしておくことで、早期に異常を発見することができます。故障することよりも、気づかないで時間が経ってしまうことが一番収益に響く部分なので注意しておきましょう。

野立てでの設置について

買取価格は去年と比べて下がっていますが、買取期間は20年間が維持されています。徐々にですが設置費用も下がっています。回収を急ぐあまり、設置前の計画が短絡的にならないようにしましょう。野立てでの設置を検討している場合は、設置の経験のある施工販売業者に施工してもらうのが安心です。価格については慎重に検討をおこないましょう。

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

太陽光発電
蓄電池のみのお見積り
メインタイプキャッチ メインタイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり