蓄電池・V2H・HEMSの連携でエネルギーの自給自足が実現? - 家庭用・住宅用・産業用蓄電池の価格比較・無料見積もりサイト - エコ発蓄電池

蓄電池・V2H・HEMSの連携でエネルギーの自給自足が実現?

蓄電池 + V2H + HEMS = エネルギーの自給自足

「蓄電池・V2H・HEMS」の連携についてご存知でしょうか?今、この3つを連携させることで、これまでになかった新しいエネルギーの活用方法が注目されはじめています。

エネルギーの自給自足を目指している人や、より効率よく電気を使いたい人、太陽光発電の2019年問題に直面する人などに必見の内容となっています。

蓄電池とは?

蓄電池とは、電気を蓄えておく機器のことです。蓄電池にためた電気は、必要な時に使用することができます。もともと蓄電池は産業用がメインでしたが、最近では災害への備えなどから、蓄電池を導入する家庭も徐々に増えてきました。

また、蓄電池にためておける電力は、電気会社から購入した電気はもちろん、太陽光発電で創った電気もためておくことができます。そのため、太陽光発電との併用も、最近では注目されはじめています。

V2H(Vehicle to Home)とは?

V2Hとは「Vehicle to Home」の略

V2Hとは「Vehicle to Home」の略で、電気自動車(EV)に搭載されている蓄電池の電力を、家庭内でも利用できるようにするシステムのことを指します。

なお、V2Hの対象となるのは電気自動車の他にも、ガソリン+電気で走るラグインハイブリッド自動車(PHV)や、水素などを燃料として走る燃料電池自動車(FCV)などがあります。

V2Hに対応した車種

V2Hに対応した車種には、

○日産自動車:リーフ、e-NV200

○三菱自動車:i-MiEV、MINICAB-MiEV、MINICAB-MiEV Truck、アウトランダーPHEV

などがあります。まだそれほど数はないですが、今後もどんどん増えていくことが予想されます。

HEMS(Home Energy Management System)とは?

HEMSとは「Home Energy Management System」の略語で、「エネルギーの見える化」や「エネルギー制御」を可能とするシステムの総称を指します。そのため、特定の機器をさしてHEMSと呼ぶわけではありません。

「エネルギーの見える化」とは?

HEMSが可能にする「エネルギーの見える化」とは、家庭内のエネルギー(電力)消費量を、専用のモニターやパソコンなどを通じて、文字通り「見る」ことができるようになることを指します。これにより、これまではなんとなく行っていた節電などを、より明確に行うことができるようになります。

また、太陽光発電や蓄電池と連携して、「電気がどのくらい創られたか」や、「蓄電池にどのくらい充電されているか」なども、ひと目で把握することができます。

「エネルギー制御」とは?

HEMSの導入で可能になる「エネルギー制御」とは、HEMSがエアコンや証明など家庭内の家電を自動的に調節してくれることを指します。これにより、特に意識しなくてもHEMSが自動的に省エネをしてくれます。

具体例をあげると、「指定温度に達したらエアコンの風量を下げる」や、「時間帯などにあわせて証明を調節する」といった具合です。

蓄電池・V2H・HEMSの連携でできること

蓄電池・V2H・HEMSの連携でできること

現在、上記で紹介した「蓄電池・V2H・HEMSの連携」が注目を集めています。ここでは、「蓄電池・V2H・HEMS」を連携させることで、どんなことが可能になるのか、具体的に紹介していきます。

電気自動車の電気を住宅用に使える

まず、電気自動車(EV)にたまっている電気を住宅用の電気として使用することができます。これは、電気自動車を「蓄電池」として活用するパターンです。また、次の項目で紹介しますが、太陽光発電で創った電気を一時的に電気自動車にためておき、再度家庭用に使用するといったことも可能となります。

太陽光発電で創った電気をEVに充電

次に、太陽光発電で創った電気を電気自動車(EV)にためるパターンです。従来では買電した電気しかためることが出来ませんでしたが、「蓄電池・V2H・HEMS」を連携させることで、電気自動車をよりお得に走らせることが可能となります。

エネルギー(電気)の「見える化」と「最適化」

こちらはHEMSの役割のひとつです。前述の項目で紹介したとおり、HEMSを導入することにより、家庭内のエネルギー(電気)の流れを「見える化」したり「最適化(自動制御)」することが可能となり、省エネに繋がります。

また、蓄電池や、電気自動車、太陽光発電などの機器が多くなってきても、HEMSのおかげでエネルギーの流れをひと目で把握することができます。

夜間の安い電気を蓄電池に貯めておける

蓄電池を導入することで、夜間の安い電気(オール電化プラン契約時)を貯めておき、電気自動車に充電したり、家庭内の家電で使用したりすることができます。

また、太陽光発電を導入しているご家庭の場合は、雨天や夜間など太陽光発電が発電できないときでも、蓄電池にためておいた電気を使うことで、価格の高い昼間の電気の買電を減らすことができます。

災害時も電気が使えて安心

「蓄電池・V2H・HEMS」を連携させることで、災害時などで停電になったときでも、蓄電池や電気自動車にためておいた電気を使用することができるので安心です。

エネルギーの自給自足へ近づける

太陽光発電システムを導入済みの住宅の場合、「蓄電池・V2H・HEMS」を連携させることで、エネルギーの自給自足へ更に近づくことができます。これは環境に優しいだけではなく、電気代の値上がりが止まらない昨今では経済的なメリットも増えてきています。

自治体によっては補助金も活用可能!

家庭用蓄電池やHEMS、V2Hシステムなどを導入する場合、補助金を交付している地方自治体も存在します。気になる場合は、お住まいの自治体のWEBサイトなどを確認するか、担当している部署に電話で問い合わせしてみましょう。

蓄電池・V2H・HEMS連携の具体的な事例

ここでは、「蓄電池・V2H・HEMS」の連携を行っている具体的な会社名およびサービス名をご紹介していきます。

株式会社メデア「まっち」

株式会社メデアの「まっち」は、上記で紹介してきた「HEMS・蓄電池・V2H」をパッケージ化して販売しています。価格は99万円(税別)とかなりお得に設定されており、人気が高まってきています。

ニチコン株式会社「トライブリッド」

ニチコン株式会社が発売している「トライブリッド」は、上記で紹介した太陽光発電と電気自動車の連携などが可能となるV2Hシステムです。価格は310万円(税別)~となっています。

また、ニチコン株式会社では、2019年の1月より、39万8千円(税別)~購入可能となる安価なV2Hシステムを発売する予定です。

三菱電機「SMART V2H」

三菱電機の「SMART V2H」も、「太陽光発電で創った電気を電気自動車にためる」といったことが可能となるV2Hシステムです。価格は1,690,000円(税別)~となっています。

まとめ

「蓄電池・V2H・HEMS」を連携させることで、エネルギーの新たな可能性が見えてくることがご理解いただけたのではないでしょうか。

また、「蓄電池・V2H・HEMS」が本当にオススメなのは、太陽光発電の2019年問題に直面する人です。「蓄電池・V2H・HEMS」を連携させることで、固定価格での売電が終了してしまったあとでも、太陽光発電を有効に活用することができます。

公開日:2018/10/31 | 最終更新日:2018/12/20 | カテゴリ:ニュース

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

家庭用・産業用蓄電池の
無料一括見積もり

女性オペレーター

郵便番号を入力(設置住所)必須

設置場所を選択

※郵便番号が分からない方はこちら