【重要】国の補助金申込が2020年6月末 ⇒ 2020年8月末まで延長決定 - 家庭用・住宅用・産業用蓄電池の価格比較・無料見積もりサイト - エコ発蓄電池

【重要】国の補助金申込が2020年6月末 ⇒ 2020年8月末まで延長決定

公開日:2020/07/01 | 最終更新日:2020/07/30 | カテゴリ:ニュース, 蓄電池の補助金に関して

【2020年7月1日追記】

国(SII)の補助金申込が2020年6月末 ⇒ 2020年8月末まで延長決定しました。


参照:平成31年度「災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金」

SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)のホームページに記載があるように、補助金申込は延長となりましたが予算が無くなり次第終了となります。

これまでの傾向でいうと、2021年度以降も国から蓄電池導入に対する補助金が出る可能性は高いことが予想されます。しかし、コロナウイルスやその他外的要因で来年度の蓄電池への補助金予算が0円になる可能性も0ではありません。

蓄電池の導入を迷われている方は、補助金の予算があるうちに早めの決断をおススメします。

家庭用蓄電池の国の補助金予算はあといくら?SIIに質問してみた!

2020年5月21日現在、追加公募を行っている災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業補助金(以下SII)ですが、追加公募終了期間まで残り1ヶ月強となりました。

そこで今回はエコ発蓄電池がみなさんが気になっているであろうこの補助金について、さまざまな質問をぶつけてみましたので、SIIから帰ってきた回答を紹介したいと思います!

補助金はまだ予算があるのか?次回の公募はあるのか?インタビュー形式でどうぞ!

補助金の有無について

現時点で追加公募の補助金の枠は残っていますでしょうか。また残っている場合、残り予算額はいくらになりますでしょうか。

現状の予算状況ですが、公開はしておりませんが予算の余裕はある状況でございます。予算が残りわずかになりましたら、当団体のHPにて、その旨を発表させて頂く予定でございます。

残り期間から逆算しての申請目安について

追加公募の補助金について、補助金を利用するためには目安としていつまでに蓄電池の販売店へ見積もり依頼の相談をした方がいいでしょうか。

先に見積もりを販売店に取っていただき、ご納得いただけましたら当事業に申請をして頂ければと存じます。

代理申請について

申請の仕方がわからないのですが、販売店さまに申請してもらうことは可能なのでしょうか?

需要家様ご自身での申請は出来かねますが、契約結ばれる予定の販売店様から申請は受け付けております。販売店様が申請を代行して頂けるか、ご確認をして頂ければと思います。交付申請をして頂くには申請代行者として登録して頂く必要がございます。申請代行者登録に関しましては公募要領P31~34をご確認お願い致します。

次回公募について

追加公募期間が終了したら、次回の公募開始の時期や予算は決まっておりますでしょうか。

次回の公募は特にございません。追加公募のみになります。

まとめ

回答を簡単に要約すると、2020年5月現在、まだ補助金に余裕はあるものの今後追加公募は行わない予定なので早めに申請したほうが良さそうですね。

また、補助金の申請は販売店が代理で行うことも可能なので、もしご自身で難しいと感じる場合は購入した販売店に頼んで見るのもありかもしれません。

追加公募終了まで、残り1ヶ月とちょっと…見積もりや設置期間を考えれば、そろそろタイムリミットは迫ってきています。国の補助金を利用して蓄電池を設置したいという方はお早めに!

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

家庭用・産業用蓄電池の
無料一括見積もり

女性オペレーター

郵便番号を入力(設置住所)必須

設置場所を選択

※郵便番号が分からない方はこちら
BNR