メンテナンスを頼んでいた業者が倒産。今後のメンテナンスはどこに頼む?-太陽光発電の保守・点検・メンテナンス

メンテナンスを頼んでいた業者が倒産。今後のメンテナンスはどこに頼む?

太陽光発電=儲かるというイメージから、様々な業者が新規参入・業務拡大を行ってきましたが、太陽光バブルも一通り落ち着いてきたことで、事業を縮小したり、中には倒産する業者も増えてきています。

契約内容によっても異なりますが、施工をおこなった業者がメンテナンスも一緒に請け負っていることが多いです。自分の施工をおこなってくれた業者が同時にメンテナンスもおこなっていた場合、施工業者の倒産=メンテナンスをしてくれる業者がいなくなってしまうことになります。

メンテナンスをしてくれる業者が倒産した場合はどうすればいいのでしょうか。

複数の業者から見積もりを取るのが一般的です。

現在、かなりの数の業者が太陽光発電のメンテナンスを行っています。メンテナンスを専門に行っているところもあれば、サービスの一つとして提供をしているところまで様々です。

もちろん価格の設定も安いところから高いところまで幅があります。ただ、メンテナンスを価格だけで選んでしまうのには注意が必要です。

価格が安くても、サービス内容が少なく、別で作業をおこなう度に追加で費用がかかってしまう場合もあります。価格の中にどういったサービスが含まれているのかきちんと確認するようにしましょう。

地元業者と全国対応どっちがいい?

どちらにもメリットとデメリットがあるので確認しておきましょう。

地元業者の場合、近くにあるので何かあった時にすぐに対応してもらえるメリットがあります。デメリットは全国対応の業者と比較すると価格が高い傾向にあることです。

全国対応の業者はサービスが均一化されていて価格が安いメリットがあります。デメリットとしては近くに営業所がない場合、対応に時間がかかってしまうことがあります。

あくまで傾向なので、地元業者で安いところもあれば、全国対応でスピーディーなところもあります。ただ、メンテナンス業者を選ぶポイントとして、業者が近くにいるかどうかも考慮するとよいでしょう。

どの業者に頼むのが一番いいの?

さきほども書きましたが、様々なメンテナンス業者を比較して検討しましょう。太陽光発電のメンテナンス専門サイトもあるので、こちらのサイトを業者選びの参考にしてみるのもよいでしょう。

太陽光発電のメンテナンス ソーラーセーブ

この記事を見た人がよくみている記事

ページTOPへ