太陽光発電と不動産投資の保証について - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

太陽光発電と不動産投資の保証について

もしかしたら人生の買い物の中でトップ3に入るぐらいの買い物をするわけですから、どういった保証があるのかをしっかりと見極めておかないと大変なことになるかもしれません。ですから、今回は太陽光発電と不動産投資を保証の面から見ていきましょう。

太陽光発電には製品保証と出力保証、災害保証があります。製品保証は製造の不良でパネル等に故障や破損が生じた時に保証するものです。

出力保証はなんらかの原因で出力が低下した場合、メーカーの責任で保証するものです。メーカーによってそれぞれ保証期間や保証内容が異なるので確認が必要です。 太陽光パネルはどのメーカーも最低10年間は保証がついてます。これは、10年間以上は保証をつけないと補助金対象から外れてしまうからです。しかし周辺機器について1年から数年のものが多いので確認が必要です。

災害補償についてもメーカーごとで違います。無償の場合もあれば、有償の場合もあります。また、販売店、施行会社ごとで保証がある場合もあります。

不動産投資においては不動産の管理を管理会社に任せている場合、ほとんどの管理会社で家賃保証制度があります。これは、人が借りている、いない関係なく家賃の70%~85%を一定期間保証するものです。期間、金額は管理会社よってことなります。

ただ、借りてる人がいるときも管理会社の手数料がかかるので家賃の70%~85%しか入ってきません。家賃保証の申し込みはいつでもできますが、保証をやめる選択ができるのは一定期間たってからしかできないので良く考えて申し込んだほうが賢明です。

災害保険については、最初からついている場合もありますがない場合もありますので確認が必要です。なくて不安な方は有償で加入できますので申し込みをオススメします。太陽光発電も不動産投資もそれぞれ双方のリスクにあわせた保証がありますので、多少費用がかかっても安心を買うと思って加入してみてもいいのかもしれません。

この質問と関連する記事

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり