太陽光発電と不動産投資の土地推奨条件 - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

太陽光発電と不動産投資の土地推奨条件

太陽光発電と不動産投資を土地選びの点から考えていきましょう。 双方ともにどこの場所でやっても大丈夫です。しかし、少なからず利益を求めてみなさんお考えになると思います。失敗をしないための条件として最適な土地を選ぶ必要があります。

まず太陽光発電から見ていきましょう。太陽光発電の発電量は天候に左右されるリスクがあります。当然、太陽光がなければ発電しません。ですからできるだけ日照時間を多い場所、晴れの日が多い地域を選ぶのが得策です。日本では日本海側より太平洋側のほうが晴れの日が多く、平均日照時間が長いと統計であります。

ですが、けして日本海側が太陽光発電に向いていないわけではありません。その要素として、パネルの設置方角や角度、パネルが影に入らないような場所選定も必要になってくるからです。

太陽は東から南を通って西の空に沈みますから、南の方角に設置できるのであればベストです。南西や南東でもそこまで気にする必要はないのですが、北向きしか設置できないのであれば、オススメは出来ません。

設置角度については20°~30°が条件にもよりますが一番発電効率が良いです。これらの条件でいかに障害物の影を回避できるかで発電量が変わってきます。

不動産投資においては、一番のリスクである空室をいかに回避できるかが重要になってきます。土地があまっている所のマンションを買ったとしても新しい時は借りてがつきやすいですが、古くなると借りてがつきにくくなり家賃を下げなければならなくなります。

ではどうすればいいのかと言いますと、土地があまっていない場所で立地条件(駅近、路線が多い等)がよい不動産を見つける事が大事です。そういう場所であれば、古くなっても借りては沢山います。なぜなら、土地がないので新しいマンションが建ちにくいからです。例を挙げますと、東京では、山の手線の内側であったり、愛知県であれば名古屋駅周辺などあげられます。

これらの事から、双方ともいかに土地や場所が大事かがわかったとおもいます。低リスクとはいえ少なからずリスクはつきまといます。そのリスクをいかに小さくしていくかは、個人個人の知識をあげていくしかないでしょう。

この質問と関連する記事

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり