太陽光発電と不動産投資にかかる税金について - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

太陽光発電と不動産投資にかかる税金について

太陽光発電や不動産投資をするにあたって収益を得る流れはわかるけど、税金についてはよくわからないという方は多いと思います。そこでどんな税金がかかってくるのか考えていきましょう。

雑所得が年間20万円以上ある場合、確定申告をする必要があります。 また、2つ以上からの収入がある方も確定申告をする事ができます。(確定申告したほうが得になる場合があるからです)

雑所得とは収入から必要経費を引いたものを言います。ですから、収入にたいしてすべてに税金がかかるわけではありません。 太陽光発電であれば 売電収入-必要経費=雑所得 必要経費は減価償却、ローンを組んだ場合はローン金利等が必要経費としてだせます。

不動産であれば 家賃収入-必要経費=雑所得  必要経費は減価償却、ローンを組んだ場合はローン金利、雑費等が必要経費としてだせます。

減価償却は、設置投資額に対応年数(国で定められている)をかけたもので太陽光発電では17年、不動産では38年(建物条件によって変わる)、付属品15年と定められている。

わかりやすく言いますと、例えば1000万円購入したマンションがあります。当然、古くなれば価値が下がっていきます。古くなって価値が下がるだけじゃかわいそうなので一年ごとに古くなった分、経費として献上していいですよと国が認めてくれたのが減価償却です。(土地は古くならないので、減価償却はありません。)

ローン金利は利息分だけ経費として献上することができます。

雑費はかなりおおまかで不動産購入額の3%ぐらい経費として献上できます。たとえば、不動産投資のため本を買った代金、があげられます。

太陽光発電は雑所得が20万円を超えた場合は税金を支払うことになってしまいます。 不動産投資は、12年ぐらいは必要経費のほうが多くなるためお勤め人の方々は確定申告することによって税金が安くなります。

双方ともに税金においてもリスクに応じたメリットとデメリットがあります。 お勤め人の方は例外をのぞいて、年末調整という形で会社の方が全部やってくれますので、どのように税金がひかれているかわからない人が多いとおもいます。 まずは、自分が今どれくらいの税金をはらっているのかを認識していくのがいいかもしれません。

この質問と関連する記事

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり