変換効率よりも実発電量が大事というのは本当ですか? - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

変換効率よりも実発電量が大事というのは本当ですか?

公開日:2013/03/27 | 最終更新日:2013/07/03 | カテゴリ:太陽光発電について

変換効率よりも実発電量が大事というのは本当ですか?

変換効率は、疑似的に太陽光を作り出す【ソーラーシミュレーター】を使って測定されています。光の強度や、温度などの測定条件は世界共通の測定条件(STC)として定められています。その条件ですが、世界共通の基準で測定することを目的としているため、一定の条件でテストされています。

製品の性能を測るうえで基準を統一することは大切ですが、実際に屋根にパネルを設置している時に「一定の条件」ということはありえません。雨も降れば雪も積もります。曇りが続く日もあります。そこで重要となってくるのが「実発電量」です。

実発電量の調査

実発電量を閲覧できるデータとしては、SBエナジーが行なっている実証実験や、NEDOメガソーラープロジェクトがおこなった「北杜サイトにおける実証研究」などがあります。特にソフトバンクが行なっている調査はリアルタイムでデータを公開していることで話題になっていました。

パネルの性質による発電量の違い

たとえば、CIS・CIGSなどの化合物系パネルは一部分が影におおわれても電圧の低下が少なく、安定して発電することができます。また熱にも強く夏場でも発電量が低下しにくい性質があます。他に太陽光に当たると出力が上がる光照射効果という性質を持っています。

単結晶シリコン系の太陽電池モジュールは、高温になると変換効率が低下してしまいます。化合物系と比べると影にも強くありません。これだけ見ていると単結晶シリコン系はだめなのかなと思ってしまいますが、単結晶シリコン系は発電効率が高く、狭いスペースでも発電量を得ることができます。実発電量がどれだけ高くても、変換効率が低い化合物系のパネルは、単位面積当たりの発電量は低くなり、同じ発電量を得ようとするとその分パネルの枚数が必要になります。

まとめ

実発電量が高くても変換効率が低ければ、その分パネルを設置する面積が必要になります。変換効率が高くても、実発電量が低ければ費用回収に時間がかかってしまいます。パネルの特性を理解して、予算、設置条件、回収期間から検討しましょう。施工会社を選ぶ際は、実発電量と変換効率についてきちんと説明してくれた上で、最良の判断をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

この質問と関連する記事

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

太陽光発電
蓄電池のみのお見積り
メインタイプキャッチ メインタイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり