その他 太陽光発電を設置すると贈与税が免除になるのですか?-土地付き・住宅用太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発

その他

太陽光発電を設置すると贈与税が免除になるのですか?

先日こんなニュースがありました。

「太陽光パネルを孫に」…政府、贈与税免除検討

政府・与党は、子や孫に再生可能エネルギーに関連する設備や、風力、地熱、太陽光などへの投資証券の購入費用を贈与した場合、贈与税を免除する制度を新設する方向で検討に入った。

再生可能エネルギーの普及を加速させる一方、高齢者世代が抱える休眠資産を経済活性化に生かす狙いがある。秋にまとめる成長戦略に特化した税制改正大綱に盛り込み、早ければ年明けから導入したい考えだ。

新制度は「緑の贈与制度」と銘打ち、公明党が参院選公約に盛り込んでいた。贈与税が免除になる対象は、子や孫に対し、太陽光発電のパネル設置や、太陽光、風力、バイオマスなど再生可能エネルギーへの投資(有価証券の購入)のために贈与した資金。贈る側1人あたり1000万~2000万円を上限とする方向で調整を進めている。

出典:読売新聞

贈与税に関しては、今年から祖父母が孫に教育資金を援助する場合に贈与税が非課税になる新制度が始まるなど、注目が高まっていましたが、次は太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーを設置した場合、「緑の贈与制度」といって一定の贈与税を免除する方向で調整に入っているようです。

電力自由化がギリギリで廃案になりましたが、今はねじれ国会も解消されているので、通る可能性は高そうです。

早ければ年明けからの導入ということですが、恐らく制度開始以降に設置した場合が対象となることが予想されます。年度末の駆け込み需要と重なることを考えると、贈与税の免除を利用して、太陽光発電の設置をするのであれば早めに計画を練って見積もり依頼をしておくとよいでしょう。

今年度の買取価格で贈与税の免除を受けられるタイミングは1ヶ月程度?

今回の法案が通る前提で考えると、設置の計画だけでも早めにしておいたほうがいいかもしれません。まだ確定ではありませんが、来年度も買取価格は下がることが予想されています。今年度の買取価格の適用を受けて、さらに今回の贈与税の免除を利用できる期間は実質1、2ヶ月程度でしょう。

特に、産業用の場合は見積もりの検討、電力会社との連係協議、設置工事まで含めると計画から設置まで半年程度かかることは珍しいことではありません。

ギリギリのタイミングになってしまうと、駆け込み需要も重なり、見積もりを取るだけで時間がかかってしまうことも考えられます。良い業者には設置したい人もたくさん集まります。余裕を持って行動しておくと満足して太陽光発電を設置できる可能性が高くなります。見積もりだけでも早めにとっておきましょう

エコ発太陽光発電の見積もりを依頼











この記事を見た人が見ている他の記事

太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

最新情報 太陽光発電♪最新NEWS
太陽光最新情報
太陽光発電の最新情報はこちらからどうぞ!住宅用、産業用の情報をしっかりキャッチできます♪
よくある質問 太陽光発電よくある質問
分からないことはここで解決
太陽光発電に関するよくある質問コーナーです。『余剰と売電はどっちがお得?』など、気になるギモンは見積もりの前に解決!
ソーラーローン ソーラーローン取扱い金融機関一覧
お得に発電設備を付ける
ソーラーローンを取り扱う全国の銀行信用金庫をご紹介しています。融資を上手に活用してお得に太陽光発電を設置しよう!
補助金検索 補助金の金額
補助金情報を確認
全国の自治体の補助金額・期限の確認はこちらから!補助金を利用することで見積もりから更にお得に太陽光発電を設置できます。
メーカー比較 太陽光発電メーカー比較
メーカー比較
太陽光発電のメーカーを、発電量、保障、変換効率から比較。複数メーカーの見積もり・価格比較を依頼する前にチェックしよう!
特集 太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ。自分に最適な施工販売会社の見つけ方、見積もり比較のメリットをご紹介!

全国の太陽光発電施工販売業者の見積もり価格を比較して最安値を選ぼう!

ページTOPへ