100kWよりも50kW未満で設置した方が得だと聞きましたが本当ですか? - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

100kWよりも50kW未満で設置した方が得だと聞きましたが本当ですか?

公開日:2013/03/23 | 最終更新日:2020/12/03 | カテゴリ:設置工事

100kWよりも50kW未満で設置した方が得だと聞きましたが本当ですか?

100kWよりも50kW未満で設置した方が得だと聞きましたが本当ですか?

A.太陽光発電システムは設置容量が50kWを超えると、「高圧連係」扱いとなってしまい、必要となる機器・手続きが増え、初期コストが高くなってしまいます。また、手続きにも時間がかかることが多いです。

50kW未満と100kWを比べた場合、もちろん毎月の売電額は100kWの方が多くなるのですが、初期投資の回収という面で考えると、50kW未満の設備を2つ設置する方がいいでしょう。まず、50kW以上の発電設備を設置する場合のコストを確認してみましょう。

50kW以上の太陽光発電システムに必要な機器・手続き
・キュービクル(小規模な変電設備のこと。価格は100kWで100万円~150万円)
・電気主任技術者の専任が必要(外部委託も可能。その場合の費用は月数万円程度)
・電力会社との接続検討費用が必要(検討費用は21万円。回答をもらうのに数ヶ月かかる)
・保安規定の届出が必要

ここでは1kWあたり30万円の設置費用がかかったと仮定して、100kWの設備と49kWの設備を2つ設置した場合の費用を簡単に計算してみましょう。

100kWの設備
100kW×30万円=3,000万円
キュービクル費用=100万円
電力会社との接続検討費用=21万円
合計=3,121万円

年間の売電額
100kW×1000kW×37.8円=378万円
100kWクラスの設備には、電気主任技術者への外部委託費用が年間6万円必要となるため
378万円-6万円=372万円

回収までの年数
3,121万円÷372万円≒8.4年

50kWの設備
49kW×30万円×2=2,940万円

年間の売電額
49kW×2×1000kW×37.8円=370万4,400円

回収までの年数
2,940万円÷370万4,400円≒7.9年

初期費用だけで181万円の価格差がつく計算になります。また、電気主任技術者への費用が毎年かかってくることにも留意が必要です。

このように50kW以上の発電設備になると費用、手続きの面で必要なものが多くなります。そのため、100kWの設備の導入を検討する場合、上記のように50kW未満の設備に分割して設置する事例が増えています。そういった事例を多く扱う施工業者も存在しますし、メーカー側もそれに対応した50kW未満のパッケージ商品や、パワコンを販売しています。

設置する環境によっても異なってくると思いますが、100kW程度の設備を導入できる土地があるようでしたら、分割して二つ設置する、もしくは50kW未満の設備することを検討してみてもよいでしょう。

産業用太陽光発電に対応している施工販売会社

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

太陽光発電
蓄電池のみのお見積り
メインタイプキャッチ メインタイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり