来年度から消費税が8%へ増税!5%で太陽光発電を設置できる? - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

来年度から消費税が8%へ増税!5%で太陽光発電を設置できる?

公開日:2013/10/09 | 最終更新日:2021/09/13 | カテゴリ:その他

来年度から消費税が8%へ増税!5%で太陽光発電を設置できる?

来年度から消費税が8%へ増税!5%で太陽光発電を設置できる?

2014年度から消費税が8%に上がることが決定しました。

太陽光発電も安くない買い物ですから、消費税増税の影響は免れないでしょう。

同じ商品を買うのであれば、節約できるところは節約しておいた方がお得です。

それではどうすれば5%の消費税を適用することができるのでしょうか?

具体的には『2014年4月1日までに設置を完了している』、もしくは『2013年9月30日までに契約する』と8%の適用を受けずに済みます。

2014年4月1日までに設置工事を完了する

太陽光発電は売買契約、請負契約となる商品です。特に「請負契約」商品の場合は、設置工事が完了した日から自己の所有物となり課税の対象となります。

簡単に説明すると、2014年4月1日までに引き渡しが済んでいれば消費税は5%が適用されることになります。逆にそれ以降の引き渡しの場合は消費税8%が適用されることになります。

2013年9月30日までに契約する。「経過措置」を上手に活用しよう!

基本的に消費税が適用されるのは引き渡しのタイミングになるので、2014年4月以降の引き渡しになると8%の消費税が適用されます。ただ、「請負契約」商品の場合、「経過措置」といって、例外措置が認められています。

「経過措置」は消費税が増税される6ヶ月前=2013年9月30日までに契約が成立していれば、2014年4月1日以降の引き渡しだとしても、以前の5%の消費税が適用されます。新築住宅の場合や、業者が忙しくて工事をするまでに時間がかかってしまう場合などはこの「経過措置」が有効となります。

住宅用の場合は遅くても3ヶ月程度で設置が完了するのがほとんどなので、最悪、年明けすぐであれば間に合うでしょう。ただ、産業用の場合はどうしても時間がかかるので、遅くても年明けから工事に入っておかなければ間に合わないでしょう。

特に規模が大きくなるほど時間がかかる傾向にあるので、産業用太陽光発電の設置を検討されている方は早めに見積もり依頼することをおすすめします。

消費税5%で太陽光発電を設置したい方はこちら

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

太陽光発電
蓄電池のみのお見積り
メインタイプキャッチ メインタイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり