26年度以降に37.8円で売電ができるケースがある? - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

26年度以降に37.8円で売電ができるケースがある?

公開日:2014/01/20 | 最終更新日:2014/04/23 | カテゴリ:その他

26年度以降に37.8円で売電ができるケースがある?

既に設備認定を取得していれば、26年度であっても25年度の37.8円で売電することは可能です。ただ、「42円ブローカー」が一時期問題となったように、悪質な仲介業者からの案件には注意が必要です。

参考記事⇒悪徳ブローカーに注意!その42円の売電権利は大丈夫?

もちろんほとんどの施工販売業者はまっとうに仕事をされているので、怪しい案件を掴まされる可能性は低いですが、そういった事例もあるということは認識しておきましょう。

問題はないの?

設備認定をもらうには「調達期間にわたり安定的かつ効率的に再生可能エネルギー電気を発電することが可能であると見込まれるものであること」が必要です。設備認定だけ取って、いつまで経っても工事をしない場合は、建設費用が下がるのを待って工事を先延ばしにしていると見られて、最悪の場合、設備認定を取り消される可能性があります。

37.8円で売電したい!

予め設備認定を取得していれば。。。

と思われる方も多いかと思います。そういった場合は既に設備認定を取得していて、発電設備も設置されている土地付き分譲ソーラーを検討してみてもよいでしょう。

分譲太陽光発電の市場自体は新しいのですが、施工や運営はノウハウがないと難しいため、経験値の高い業者が提供しているケースが多いです。メンテナンス費用も安く済み、売電補償がついているなど安心して太陽光発電を始められる市場が整ってきています。26年度以降に37.8円で売電したい場合は安心して任せられる業者から分譲ソーラーの購入を検討するとよいでしょう。

土地付き分譲太陽光発電の情報を見る

関連記事

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

太陽光発電
蓄電池のみのお見積り
メインタイプキャッチ メインタイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり