家庭用・住宅用・産業用蓄電池の価格比較・無料見積もりサイト - エコ発蓄電池

暮らしの「安心」を蓄えよう。
蓄電池イメージ

最大5社から一括見積もり

郵便番号を入力(設置住所)必須

設置場所を選択

蓄電池のある
暮らしとは

電気と安心を蓄える

エネタンク

卒FITを迎え売電価格は下がる一方。
そんな不安も蓄電池で解決できます。

電気は売るより買うほうが高くなり
効率よく貯めて使う自家消費の時代に。

太陽光発電に蓄電池を組み合わせる事で
ご家庭の電気料金をさらにお得に削減。

災害時・停電時には非常用電源として
安心した生活のサポートしてくれます。

エコ発蓄電池へ依頼する!
一括見積りのメリット

メリット1

1分で一括見積もり

1分で一括見積もり

まずはお住まいの郵便番号・設置場所の選択で見積もり可能かチェック!

メリット2

相見積が簡単に

相見積が簡単に

複数の見積もりや価格比較など手間が掛かる作業が一回の見積もりで完了!

メリット3

安心の実績

安心の実績

太陽光発電での見積もり実績年間10,000件以上!培ったネットワークによる信頼の施工業者紹介!

お見積り依頼の流れ

STEP 1
ステップ1

蓄電池を設置したい物件の郵便番号、物件種別を選択したら入力フォームへ

STEP 2
ステップ2

入力頂いた項目にマッチした施工店へ見積もり送信

STEP 3
ステップ3

施工店から連絡が入りますので、ご提案を元にご検討ください。

家庭用・産業用蓄電池を
最大5社に一括見積もり

女性オペレーター

郵便番号を入力(設置住所)必須

設置場所を選択

※郵便番号が分からない方はこちら

売電期間の満了・卒FITの対策

2009年に開始した太陽光発電の固定価格買取制度(FIT制度)による売電は、2019年11月から順次満期を迎え売電が終了することとなります。各電力会社は継続した買取を実施すると発表していますが、その買取単価は大幅に下落します。(8~9円/kWh)

つまり売る電気よりも買う電気の方が価格が高いため、うまく自家消費する方がお得になります。

2019問題

増加する様々な停電リスク

2018年は「西日本豪雨」「台風21号」「台風24号」「北海道胆振東部地震」など多くの災害が日本列島を襲い、多くの地域で大規模な停電が発生しました。

近年、この様に予測のできない事前災害が起こり災害対策への意識が高まり非常用電源としての導入も進んでいます。

停電リスク

蓄電池の価格は年々低下

高額なイメージのある蓄電池も普及が進むにつれて年々価格低下が進み一昔前よりもぐっとお求めやすくなっています。

再生可能エネルギー由来の電力安定化・自立化に向けて蓄電池の価格低減化に取り組んでおり太陽光発電 + 蓄電池による自家消費が電力会社から電気を買うのと同等にするよう目標価格を設定しています。

価格低下

国や地方自治体の補助金

太陽光発電によるエネルギー自給率向上、またそれを安定化させる蓄電池の導入は国が主導して促進しています。

2019年度は国からの補助金が一般社団法人『環境共創イニシアチブ』により公募をしており、公庫を予算としています。

補助金

メディア掲載

朝日新聞
楽天ニュース
西日本新聞
BIGLOBEニュース
StartHome
徳島新聞
みやビズ
FIDELI
宮日新聞
MarkeZine
全国賃貸住宅新聞
SEO TOOLS
BNR