家庭用・住宅用・産業用蓄電池の価格比較・無料見積もりサイト - エコ発蓄電池

蓄電池の無料比較・見積りサイト
top_fv_images1
  • 住宅用
  • 産業用
  • HEMS
  • ZEH
top_fv_images1

ご存知ですか?家庭用太陽光発電の2019年問題

10年経過で売電期間が終了します。

2019年11月は太陽光発電の固定価格買取制度がはじまって10年になります。

2009年に稼働した10kW以下の太陽光発電は48円/kWhという高い売電単価での売電ができましたが、10年経過で売電期間が終了します。

最近のニュースで売電期間終了後の太陽光発電は10円/1Wh以下、もしくは電力会社が無料で引き取る方針だと伝えられています。

エコ発蓄電池ではこうした2019年問題に備え、蓄電池・HEMS・ZEHで無駄のない自家消費をご提案いたします!

住宅用太陽光イメージ

蓄電池メーカー

蓄電池は、シャープ、パナソニック、東芝、京セラなどの国内有名太陽光発電メーカー、蓄電池を専門に扱うメーカー、海外メーカーなどが様々なメーカーが販売しています。

また、NECやソニーなど、太陽光発電を扱っていない有名なメーカーも販売を行っているのが特徴です。

価格や蓄電容量は各メーカーによって異なりますので、色々なメーカーを比較して検討するようにしましょう。

パナソニック
ソニー
シャープ
京セラ
東芝
NEC
エリーパワー
4Rエナジー
デンソー
三菱
ニチコン
GSユアサ
もっと
蓄電池メーカーを見る

家庭用・産業用蓄電池の様々な導入メリット

基本使用料を抑える

産業用電気料金はもちろん、家庭用電気料金でも月間の最大使用電力量を基に基本料金が決まる、従量制プランが電力会社から提供されています。

この場合、電力量の上限を設定して、超過分を蓄電池からの電力供給で補うピークカットをおこなうことで最大使用電力をカットすることで電気料金の基本使用料を抑えることができます。

メリットイメージ1

緊急時への備えに

メリットイメージ2

停電時などの緊急時への備えにも、蓄電池を導入するケースが増えています。

法人様であれば停電によって仕事ができなくなってしまったり、重要なデータを消失してしまう可能性があります。

個人の場合も蓄電をしておくことで非常時や計画停電となった場合には家電を利用することが可能です。

夜間や停電時にも安心

太陽光発電を導入している場合、発電した電力だけでも自立運転機能を使って、パワーコンディショナーから電気を供給することは可能ですが、太陽光発電が発電しない夜間や停電時には使えませんが、蓄電池を利用することで、夜間や停電時にも安心して電気を利用できます。

メーカーにより長時間使えるものや、繰り返しの充電に強いものなど、それぞれに特徴があります。

メリットイメージ3