家庭用蓄電池とはどんなもの?導入メリットとデメリットは? - 家庭用・住宅用・産業用蓄電池の価格比較・無料見積もりサイト - エコ発蓄電池

家庭用蓄電池とはどんなもの?導入メリットとデメリットは?

家庭用蓄電池とはどんなもの?導入メリットとデメリットは?

太陽光発電の導入を考えている方がいま考えていることは、家庭用蓄電池との連携ではないでしょうか。ここでは、家庭用蓄電池の概要とメリット・デメリットについて簡便にまとめていますので参考にしてください。

家庭用蓄電池とは?

電気を蓄えて繰り返し使える化学電池を、二次電池や充電式電池といいます。

初期の太陽光発電では、こうした電気を蓄えることは難しいといわれていました。しかし東日本大震災を契機に、災害時の非常用に家庭用蓄電池の蓄電池は俄然注目を集める事となりました。

他方では、ゼロエネルギー住宅のひとつとして住宅業界では「スマートハウス」の導入が叫ばれるようになりましたが、ここでも電気を自給自足できる大容量の蓄電池システムに関心が高まっています。家庭用蓄電池は災害時のバックアップ電源にとどまらず、今や住まいのゼロエネルギー化を推し進めるための重要な電源装置としても、確実に認識されています。

実際、世界的な蓄電池の市場は2025年に2,407億円規模になるとの見方もあり、市場規模は2015年対比で5倍にまでに膨らむとの予測もあります。特に日本ではFIT制度の買取期間終了が2019年からいよいよ始まります。そうなると家庭用蓄電池を携え、相当数のユーザーが電力の自給自足ヘとシフトすることが見込まれています。少なくとも、家庭蓄電池の需要は、増えることはあっても減ることはあり得ません。

家庭用蓄電池で用いられる種類

家庭用蓄電池として使われている蓄電池には、大きく分けると定置式蓄電池と移動式蓄電池に分かれます。ここでは2種類の蓄電池について解説していきます。

定置式蓄電池

定置式蓄電池とは据え置き型の蓄電池のことで、移動式蓄電池とは違って所定のスペースを確保した上で蓄電池を設置します。

また定置式蓄電池は災害時の非常時にもバックアップ電源としても勿論使えますが、本来の目的は電気料金を削減し、また生活で使用する電力を極力創エネで賄えることを前提にした“創エネ機器”としての役割を持たせています。そのため“スマートハウス”に無くてはならない“創エネ機器”が定置式蓄電池といえます。

種類はどんなものがあるの?

“創エネ機器”としての役割がある定置式蓄電池は、当然ながら容量に余裕があるものが多く、家庭用蓄電池でも6.6kWhや7.8kWh(またそれ以上)といった大容量のものが多くなります。

また電池の種類には色々ありますが、主に使われているのが急速充電できるリチウムイオン電池です。現在流通している定置式蓄電池は、ほとんどの機種でリチウムイオン電池が採用されています。一般的に定置式蓄電池が高価なのは容量もありますが、リチウムイオン電池が採用されているからだともいえます。

移動式蓄電池

(引用:シャープ「移動可能型ソーラー充電スタンド<LN-CB1AA>」ニュースリリース)

移動式蓄電池とは、読んで字のごとくで“ポータブル式”蓄電池ともいわれており、用途としては「非常用」あるいは「緊急時の一時利用」として使われています。東日本大震災時にいち早くテレビ等で取り上げられたのも、大型のスーツケースのような移動式蓄電池だったことを覚えている方も多いことでしょう。

ただ、移動式蓄電池は災害時の非常用途としては適していますが、日常的に使う蓄電池としては容量の不足感は否めません。ハウスメーカーが推し進めているスマートハウスには、移動式蓄電池ではなく定置式蓄電池を揃える必要があるでしょう。

種類はどんなものがあるの?

移動式蓄電池は災害時の非常時に使う前提で製造されていますから、何より低価格であることが求められます(といっても数十万円はします)。ただ最近ではより軽量な移動式蓄電池や、複数台接続することで容量の拡大ができるものも登場しており、移動式蓄電池のバリエーションも確実に広がっています。

家庭用蓄電池を設置するメリット・デメリット

最後に、これから家庭用蓄電池を導入するに当たって、蓄電池システムのメリット・デメリットについてまとめておきます。

家庭用蓄電池のメリット

まずはメリットからです。

家庭用蓄電池を設置するとどのような点でおすすめなのか、利点などを見ていきましょう。

災害時に電気が使える

大規模な地震などの災害時、広域にわたって停電が発生した場合でも、家庭用蓄電池があれば緊急時には充電しておいた電力を十分に活用できます。このことは、やはり一番のメリットではないでしょうか。

ピークカットによる基本電気料金削減

家庭用蓄電池の導入により、ほとんどの家庭では電力契約に実量制を選ぶことになるでしょう。そうなると、蓄電池を用いて負荷電力を平準化する(ピークカットする)ことで、電気の基本料金を削減できるでしょう。

料金の安い深夜電力を充電、昼間に利用(放電)することで電気料金削減

また時間帯別の電力契約を選ぶことで、家庭用蓄電池は料金の安い深夜電力で充電し、日中に放電できますので、電気料金を確実に抑えられます。

太陽光発電との併用で更にエコロジカル

以上のことは家庭用蓄電池単体でも可能ですが、太陽光発電を連携することで更に電気料金を削減できます(ただしイニシャルコストについて、元が取れるということではありません)。

太陽光発電と蓄電池で電気料金もお得に!相性抜群の組み合わせ
FITが終了した家庭で、蓄電池の導入はよりエコロジカルな選択になり得る

FITが終了し売電ができなくなった場合でも、家庭用蓄電池などの「創エネ機器」はエコロジカルな選択になり得る可能性を、今後十分秘めています。

2019年11月から、先行して始まった余剰太陽光発電の買取制度10年という満期を迎え、現在の固定価格買取制度での売電が順次終了していきます。これを世間では「2019年問題」や「卒FIT」と呼んでいますが、卒FIT後も蓄電池を併用した自家消費でも大きく電気料金の削減を見込めるでしょう。

卒FIT後も電気買取をおこなう事業者

卒FIT後に太陽光発電の電力を買い取る業者一覧

家庭用蓄電池のデメリット

次は家庭用蓄電池のデメリットと注意点について見ていきます。

どのようなデメリットがあるでしょうか。

コスト負担

家庭用蓄電池はポータブルな移動式蓄電池から、より本格的な定置式蓄電池まであります。ただ非常時のことを考え、一定以上の容量を求めた場合、定置式家庭用蓄電池を選択することになるでしょう。

そうなると家庭用蓄電池の導入には少なくとも160万円ぐらいのコストを覚悟しなければならず、現状ではとても元を取れるものではありません。

経済性とエコロジーは常に矛盾します。蓄電池に限ったことではありませんが、このことはまず理解しておく必要があるでしょう。

家庭用蓄電池の価格・相場はどのくらい?何か補助金はある?
家庭用蓄電池単体での補助金制度が不安定

平成30年度は蓄電池の補助金として84億円の予算を盛り込むと発表されましたが、本年度は国からの補助金は出ません。蓄電池単体で補助金の支給は、今後どうなるのか不安な面があります。

なお蓄電池単体の補助金は予算化されませんでしたが、ZEH(ゼッチ:ネットゼロエネルギーハウス)関連の補助事業は、家庭用蓄電池も補助対象です。ただこちらも年々縮小しており、同じく平成30年度は、蓄電池はkWhあたり3万円(上限30万円)となっています。

2019年度の補助金が発表され公募が開始しています。詳しくはこちらを御覧ください。

【2019年度】家庭用蓄電池の補助金の条件や金額【最大60万円OFF?】
寿命がある

家庭用蓄電池には寿命があり、年数も比較的短いことが特徴です。

10年で全く使えなくなることはありませんが、10年使うと容量は最初の7割前後になるといわれています。それだけにもっと普及が進み価格が熟れてこないと、導入は思った通りに進まない可能性があります。

蓄電池の寿命に関して詳しくはこちら

蓄電池の寿命・耐用年数はどれくらいなのか?
設置スペースを事前に考慮しなければならない

それほど大きなスペースが必要なわけではありませんが、それでも定置式蓄電池を選ぶと、それなりのスペース取りが必要です。特に敷地に余裕のない都市部では、設置スペースを事前に考慮しておくほうが無難です。

ダブル発電になると売電単価が下がる

これはデメリットというより注意点といったほうが良いかもしれませんが、家庭用蓄電池は謂わゆる“ダブル発電”になると通常より売電単価が下がります。

ダブル発電とは簡単にいうと、家庭用蓄電池などの創エネ機器を導入することで太陽光発電の売電量が“押し上げられる”ことを言います。

つまり純粋な太陽光発電のみでつくられた電気ではなく、創エネ機器(蓄電池の他にもエネファームやエコウィルなども含む)でつくられた電気も売電するため、電力会社からすれば“電気ロンダリング”に当たると解釈できます。

現在では太陽光発電と連携した家庭用蓄電池は、電気ロンダリングができないようになっているか、余剰電力分を売電し始めると蓄電池からの放電はストップし、蓄電池の電力は売電に回らないように作動するものもあります(押し上げ効果なし、“シングル発電”ともいう)。

何れにしても、ダブル発電を「選択する・しない」はユーザーの任意です。ただし、ダブル発電を選択すると、通常より売電単価が下がることだけは押さえておく必要があります。

まとめ

2018年には日本各地を様々な災害が襲いました。その中でも豪雨や台風・地震の被害による大規模停電は皆さんの記憶に新しいのではないかと思います。 蓄電池の様々なメリット・デメリットは上述しましたが、こうした災害時の非常用電源として活用できるのは非常に大きなメリットであるといえます。

また、2019年度は蓄電池の購入には国からの補助金『SII「災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金」』や各地方自治体独自の補助金が用意されましたが、太陽光発電の導入補助金も普及が進むにつれ縮小していったことを考えると、補助金が豊富に活用できるタイミングで導入するのは一つの手だと考えられます。

エコ発蓄電池では、お住まいの地域の補助金を活用した蓄電池施工・販売業者を一括見積もりの形でご紹介しています。蓄電池設置をお考えの方は是非ご活用ください。

必須郵便番号

必須設置場所

BNR