令和3年度 住宅用環境配慮型設備(太陽光発電システム・雨水貯留タンク)設置費補助金について - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

令和3年度 住宅用環境配慮型設備(太陽光発電システム・雨水貯留タンク)設置費補助金について

都道府県市町村申請期間事業名
茨城県 那珂郡東海村 2021年04月01日~2022年03月31日 令和3年度 住宅用環境配慮型設備(太陽光発電システム・雨水貯留タンク)設置費補助金について
制度概要

村では,環境に配慮した住宅用設備を積極的に支援することにより,地球環境の保全と村民の環境保全意識の高揚を図り,環境に優しいまちづくりを推進するため,【住宅用の太陽光発電システム】,【雨水貯留タンク】を設置した方に補助金を交付します。

補助対象者

  1. 村内の戸建住宅(店舗等の併用住宅を含む)に設備(太陽光発電システム・雨水貯留タンク)を設置した方 または 村内に設備付きの戸建住宅を購入した方のうち、申請時に設置場所に住所を有している方
  2. 村税の滞納がない方
  3. (太陽光発電システムの場合)売電開始日から6ヵ月を経過していない方
    (雨水貯留タンクの場合)設置(購入)日から6ヵ月を経過していない方
全設備共通

(注意)上記項目に関わらず,以下のいずれかの項目に該当する場合は、補助対象となりません。

  • 太陽光発電システムを申請する場合で、過去に村から当該補助金の交付を受けている方,またはその方と生計を一にする方 (雨水貯留タンクについては、過去に太陽光発電システムまたは太陽熱利用機器の補助金を受けている方でも補助対象となります。)
  • 対象設備を増設または付替えをする場合
  • 住宅に供給する目的以外で対象設備を設置する場合
  • 賃貸,販売等営利目的で対象設備を設置する場合
  • 店舗,事務所を兼ねる住宅のうち、延床面積の2分の1以上が住居に供されていない場合
  • 法人の場合
  • 同一建物につき同種の対象設備を複数申請する場合

補助の対象となる設備

太陽光発電システム

補助の対象となる太陽光発電システムとは,太陽の光を電気(直流)に変える太陽電池と,その電気を直流から交流に変えるインバータなどで構成されるシステムで,以下に掲げる要件をすべて備えているものとします。

  1. 太陽電池の設備出力値が10キロワット未満の太陽光発電システムであること
  2. 日本産業規格(JIS)等で認められていること
  3. 未使用品であること(中古品は対象外とする)
  4. 電力会社と受給契約を結び,かつ余剰電力の買取契約を結んでいること(全量買取は対象外とする)
雨水貯留タンク

補助の対象となる雨水貯留タンクは,屋根の雨どい等に接続し雨水を貯留タンクに貯める設備で、以下に掲げる要件をすべて備えているものとします。

  1. 容量が100リットル以上の製品であること
  2. 一般に販売されている製品であること(自作した設備は対象外とする)
  3. 未使用品であること(中古品は対象外とする)
受けられる補助金

補助対象設備と補助金額一覧

太陽光発電システム

40,000円×電力会社と契約を結んだ発電出力値(キロワット)

上限160,000円

雨水貯留タンク

設置費用の2分の1(千円未満切り捨て)

上限30,000円

問い合わせ先

村民生活部 環境政策課 生活環境保全担当
TEL: 029-282-1711
https://www.vill.tokai.ibaraki.jp/kurashi_tetsuzuki/sumai_pet/sumai/4610.html

備考
補助金タイプキャッチ 補助金タイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり