令和3年度太陽光発電システム設置補助金の受付について - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

令和3年度太陽光発電システム設置補助金の受付について

都道府県市町村申請期間事業名
栃木県 真岡市 2021年04月01日~2022年03月31日 令和3年度太陽光発電システム設置補助金の受付について
制度概要

市では、地球温暖化防止と環境への負荷の少ないクリーンエネルギーの普及促進を図るため、住宅に太陽光発電システムを設置する市民の方に、設置費用の一部を補助しています。

令和2年度住宅用太陽光発電システム設置補助金について、令和3年4月1日(木曜日)から受付を開始します。

予定件数は100件です。

令和2年度の補助金については、補助金額ほか、対象者及び要件・申請方法・提出書類等は令和元年度から変更はありません。

対象者及び要件

  1. 自ら居住する市内の住宅に太陽光発電システム(太陽電池の最大出力10キロワット未満)を設置した方(市内の太陽光発電システム付き住宅を購入した方を含む。)
  2. 電力会社と太陽光発電システムに係る電力受給契約を締結し、系統連系が完了した方
  3. 上記1の住宅の所在地に、住所を有する方
  4. 市税(市民税、固定資産税、軽自動車税など)を滞納していない世帯

※補助金の交付は、1住宅のシステム設置につき1回とする。
 ※増設の場合は、過去に補助金の交付を受けたことがなく、太陽電池モジュールのほか、パワーコンディショナーを同時に増設することが必要です。また、既設分と合わせて太陽電池の最大出力が10キロワット未満のシステムが補助対象となります。また、太陽光発電システムは、中古品やリース契約によるものは補助金を受けられません。

受けられる補助金

補助金額

太陽光電池モジュールの公称最大出力1キロワットあたり1万円(上限:4キロワット、4万円)

  1. 出力値は、小数点以下第3位を四捨五入
  2. 補助金額の1,000円未満を切り捨て
    例1 公称最大出力3.533キロワットの場合:第3位を四捨五入し、3.53キロワットとする
    10,000円×3.53キロワット=35,300円
    補助金額は、1,000円未満を切り捨てし、35,000円となります。
    例2 公称最大出力4.5キロワットの場合:4キロワットが上限のため、4.0キロワットとする
    10,000円×4.0キロワット=40,000円 補助金額は、40,000円となります。
問い合わせ先

市民生活部 環境課 環境対策係
TEL: 0285-83-8127
https://www.city.moka.lg.jp/toppage/soshiki/kankyo/9/taiyoukouhojyokinn/12004.html

備考

申請方法(手順)

交付申請

補助金を受けようとする者は、電力会社と系統連系が完了した後、次の書類を添えて交付申請書を提出してください。

申請期限:系統連系日(売電開始日)の翌日から起算し90日以内

添付書類
  1. 太陽光発電システムに係る工事期間が明記されている工事請負契約書、又は売買契約書の写し
  2. 領収書の写し
  3. 電力会社との接続契約の締結を示す書類の写し
  4. 系統連系日(売電開始日)が明記されている書類の写し
  5. 太陽光発電システムの設置前及び設置後の状況を示す写真
    (住宅の全景、太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナー、売電メーター等の付属機器)
  6. 交付申請手続き等を代行して行う場合は、委任状
  7. 補助金交付請求書
交付の決定

交付申請受付後、書類審査と現地調査を実施し、適当と認めたものに対し予算の範囲内において順次交付決定をします。なお、交付決定した旨の通知書を申請者にお送りします。補助金は、請求者の口座に支払います。

受付場所

交付申請及び交付請求とも、環境課(本庁舎2階)が窓口になります。

その他

印鑑は、スタンプ印(シャチハタなど)以外のもので、交付申請書と交付請求書には同じ印鑑を押印してください。また、内容の訂正をする場合は、二重線で見え消しし、訂正印には同じ印鑑を押印してください。

補助金タイプキャッチ 補助金タイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり