令和2年度エコハウス推進事業補助金 - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

令和2年度エコハウス推進事業補助金

都道府県市町村申請期間事業名
埼玉県 大里郡寄居町 2020年04月01日~2021年03月31日 令和2年度エコハウス推進事業補助金
制度概要

町では、温室効果ガスの削減や電力のピークシフト、災害時において自立的エネルギーを確保できる家づくりを促進するため、自己用の住宅に『エコハウス事業』を実施した方へ、補助金を交付します。ぜひ、ご利用ください。

※予算に限りがありますのでご了承ください。

寄居町エコハウス推進事業補助金ポスター [PDFファイル/432KB]

対象

町民、または新たに町民となる方で、自らが居住するための住宅(下記A、B、C のいずれか)へ、エコハウス事業を実施し、期限までに実績報告書を提出できる方が対象です。
A 新築住宅へのエコハウス事業の実施
B 既築住宅へのエコハウス事業の実施
C エコハウス事業が実施された新築住宅の購入

対象機器

Ⓐ住宅用太陽光発電システム(Ⓑとセットで設置した場合のみ)
ⒷHEMS機器(Ⓐとのセットか、Ⓐが既に設置されている場合のみ)
Ⓒ家庭用燃料電池システム(通常運転型)
Ⓓ家庭用燃料電池システム(自立運転型)
Ⓔガスエンジン給湯器(通常運転型)
Ⓕガスエンジン給湯器(自立運転型)
Ⓖ家庭用蓄電池システム

受けられる補助金

補助金額

Ⓐ住宅用太陽光発電システム+ⒷHEMS機器

80,000円

Ⓒ家庭用燃料電池システム(通常運転型)

80,000円

Ⓓ家庭用燃料電池システム(自立運転型)

100,000円

Ⓔガスエンジン給湯器(通常運転型)

80,000円

Ⓕガスエンジン給湯器(自立運転型)

100,000円

Ⓖ家庭用蓄電池システム

50,000円

各対象機器の補助金額は、性能(発電能力等)は問わずに一律の金額です。住宅用太陽光発電システムの設備が10kW以上で「全量売電」を選択された場合は、補助対象となりません。対象となるHEMS機器の機種については、お問い合わせください。

機器の組み合わせによっては、補助金額が加算され、最大700,000円までの補助が受けられます。詳しくは、補助金額一覧 [PDFファイル/104KB]をご覧ください。ただし、過去にこの補助金の交付を受けてエコハウス事業を実施した住宅に再度エコハウス事業を実施する場合は、対象となりません。

申請受付等

 

申請書および実績報告書に設置機器詳細書および下記の必要書類を添付し、申請書は令和3年2月末日までに、実績報告書は事業完了後30日以内か、令和3年3月20日のいずれか早い日までに提出してください。 Aの新築住宅およびBの既築住宅の申請は事業実施前に、 C の新築住宅の購入の申請は電力会社との電灯契約を締結する前に行ってください。ただし、申請受付期間中であっても、予算額に達した時点で受付を終了いたします。なお、郵送による申請は受付できません(交付請求書の提出に限り、郵送可能)。

問い合わせ先

生活環境エコタウン課
TEL: 048-581-2121
https://www.town.yorii.saitama.jp/soshiki/11/ecohouse-h31.html

備考
補助金タイプキャッチ 補助金タイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり