令和3年度 市川市スマートハウス関連設備設置費補助金交付事業 - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

令和3年度 市川市スマートハウス関連設備設置費補助金交付事業

都道府県市町村申請期間事業名
千葉県 市川市 2021年04月01日~2022年02月28日 令和3年度 市川市スマートハウス関連設備設置費補助金交付事業
制度概要

市川市では、温室効果ガスの削減や、低炭素社会の実現を目指すため、太陽光発電設備などのスマートハウス関連設備設置費補助金交付事業を実施しています。補助金交付申請をされる方は、申請の手引きをご確認いただき、不足書類等がないようにお願い致します。

補助対象住宅及び補助対象者

【補助対象住宅】

太陽光発電設備

  • 住宅の建築工事が完了した日の翌日以降に、太陽光発電設備を設置する工事を開始したこと。※既築住宅であること
  • エネルギー管理システム(下記参照)又は、定置用リチウムイオン蓄電システムが設置されていること。
  • 自己の居住の用に供するもの。

※エネルギー管理システム
住宅全体の電力使用量等を自動で実測し、エネルギーの見える化を図るとともに、機器の電力使用量等を調整する制御機能を有し、機器の制御に係る装置(コントローラ等)が一般社団法人エコーネットコンソーシアムの定める「ECHONETLite」規格の認証を取得しているもの。

太陽光発電設備以外のスマートハウス関連設備

  • 自己の居住に供するもの。
  • 定置用リチウムイオン蓄電システムの場合は、太陽光発電設備が設置されていること。
【補助対象者】
  • 本市に居住し、住民基本台帳法に基づく記録をされている方。
  • 本市に納付すべき市民税、固定資産税及び都市計画税を滞納していない方。(申請者及び申請者と同一世帯に属するすべての方)
  • 補助対象設備の設置にかかる費用を負担し、当該補助対象設備を所有していること。
  • 申請者が住宅の所有者ではない場合、又は共有者がいる場合は、全ての所有者、又は共有者の同意が得られている方。
  • 令和3年4月1日以降に設備の設置工事を開始した方で、令和4年2月28日までに、設置工事(設置済の建売住宅を購入する方は住宅の引渡し)を完了し、補助金交付申請書を提出できる方。
  • 暴力団および暴力団密接関係者ではないこと。

※提出前に、「申請者」、「工事の契約者」、「電力受給電の申込者」、「領収書の宛名」、「保証書の宛名」が同一(1名)であることを確認して下さい。申請者は連名にできません。
自ら居住する住宅に設備を設置した方が対象となりますので、名前が異なる場合は補助金を交付できません。

対象機器:住宅用太陽光発電設備、太陽熱利用システム(強制循環型のみ)、家庭用燃料電池システム(エネファーム)、定置用リチウムイオン蓄電システム

※太陽光発電設備については、既築住宅に設置する場合で、エネルギー管理システム(HEMS)又は定置用リチウムイオン蓄電システムが設置されていることが要件となります。
※定置用リチウムイオン蓄電システムについては、太陽光発電設備が設置されていることが要件となります。

受けられる補助金

住宅用太陽光発電設備…1キロワットあたり2万円、上限9万円。市内事業者施工の場合、1キロワットあたり25,000円、上限112,500円
太陽熱利用システム(強制循環型のみ)…上限5万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円

問い合わせ先

市川市 環境部 生活環境整備課
TEL: 047-712-6317
https://www.city.ichikawa.lg.jp/env01/1111000130.html

備考
補助金タイプキャッチ 補助金タイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり