令和3年度筑紫野市住宅用エコエネルギー導入促進事業補助金 - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

令和3年度筑紫野市住宅用エコエネルギー導入促進事業補助金

都道府県市町村申請期間事業名
福岡県 筑紫野市 2021年04月01日~2022年03月31日 令和3年度筑紫野市住宅用エコエネルギー導入促進事業補助金
制度概要

筑紫野市では、低炭素社会の構築を目指し、再生可能エネルギーの普及を図ると共に、地場産業の育成、地域活性化に役立てるため、住宅用太陽光発電、民生用燃料電池および住宅用蓄電池をご自宅に設置する人を対象に、補助金を交付します。

先着順、予算の範囲内での受付となりますので、予算額に達した場合は、受付を終了します。

なお、この補助金は設置工事前の申請が必要です。

補助対象者

以下の要件をすべて満たす必要があります。

  1. 市内の住宅にシステムを設置しようとする者。ただし、システムの種類ごとに、一世帯または一つの住宅につき一回限りとする。
  2. 市内事業者(市内に事業所を有する法人および市内に事業所または事務所を有する個人事業主)と工事請負契約を締結して設置する者
  3. 筑紫野市経済対策事業住宅改修工事等補助金交付要綱(平成31年筑紫野市要綱第12号)第3条第1項第3号に該当する者
  4. システムを設置する住宅が申請者の所有物でない場合は、書面による所有者の設置承諾を受けている者
  5. 世帯全員が市税を滞納していない者

対象システム

  1. 住宅用太陽光発電(太陽光発電システム)
    住宅の屋根などへの設置に適した未使用の太陽電池による発電設備であり、低圧配電線と逆潮流有りで連結し、太陽電池モジュール、架台、接続箱、直流側開閉器、パワーコンディショナーなどで構成され、かつ、太陽電池の最大出力(補助対象システムを構成する太陽電池モジュールの公称最大出力)が10キロワット未満のものであるもの
  2. 民生用燃料電池(エネファーム)
    未使用品であり、日本産業規格基準に基づく計測を行い、定格運転時における総合効率がLHV基準で80%以上であり、定格運転時において0.5キロワット以上1.5キロワット未満の発電出力がある燃料電池システムであること
  3. 住宅用蓄電池 ※令和3年度より新たに対象となりました。未使用品であり、土地または住宅に定着していること
受けられる補助金

住宅用太陽光発電(太陽光発電システム) 1キロワット当たり2万5千円(最高10万円)
民生用燃料電池(エネファーム) 一律10万円
住宅用蓄電池 蓄電容量1キロワットアワー当たり2万5千円(最高10万円)

問い合わせ先

筑紫野市 環境経済部環境課
TEL: 092-923-1111
https://www.city.chikushino.fukuoka.jp/soshiki/29/3872.html

備考
補助金タイプキャッチ 補助金タイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり