みよし市エコエネルギー促進事業補助金(令和3年度) - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

みよし市エコエネルギー促進事業補助金(令和3年度)

都道府県市町村申請期間事業名
愛知県 みよし市 2021年04月01日~2022年03月31日 みよし市エコエネルギー促進事業補助金(令和3年度)
制度概要

補助金の取扱いに変更があります。

エコエネルギー促進事業補助金は、以前に補助金の交付を受けた人または、その人が属する世帯の人は、同じ区分に属する補助対象機器に対する補助金については、原則交付申請をすることができません。

ただし、令和3年度から低公害車に係る補助金については、1年度あたり1台の申請が可能となりました。住宅用温暖化対策設備については、従来通りの取扱いで、同一区分での再申請はできません。

補助事業のあらまし

近年、強い台風や集中豪雨などの異常気象による災害が各地で発生し、甚大な被害についての報告が毎年のようにされています。 今後、地球温暖化の程度が増大すると、ますます深刻な影響が発生する可能性が高まることが指摘されています。こうした中、政府は平成27年11月に「気候変動の影響への適応計画」を閣議決定し、12月には国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)において、温室効果ガス排出量を2030年度までに2013年度比で26%削減する約束を国際社会に行うなど、気候変動対策を強化しています。この補助金は、住宅用地球温暖化対策設備の設置者および低公害車の購入者に対して、設置および購入に要する費用の一部を補助することにより、エネルギーの地産地消に対する意識の高揚を図るとともに、地球温暖化防止の更なる促進を図ることを目的としています。

申請できる人(申請資格)

この補助金の交付申請をできる人は、申請時において次のすべての要件を満たす個人とします。

  1. 住民基本台帳法により本市の住民基本台帳に記録されていること。
  2. 市税などを滞納していないこと。
  3. 暴力団員による不当な行為の防止などに関する法律第2条第6号に規定する暴力団員または同法第2条第2号に規定する暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する人ではないこと。

上記とは別に、この補助金もしくは、この補助制度の前の補助制度により補助金の交付を受けた人または、その人が属する世帯の人は、同じ区分に属する補助対象機器に対する補助金については、原則交付申請をすることができません。ただし、低公害車に係る補助金については、1年度あたり1台の申請が可能です。

受けられる補助金
  • 住宅用太陽光発電システム:4万円/kw(上限20万円)
    ※住宅用太陽光発電システム、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)、家庭用蓄電システムの組み合わせ又は、住宅用太陽光発電システム、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)、電気自動車等充給電設備の組み合わせで設置し、窓口にて同時に申請書を提出した場合、定額で15万円を住宅用太陽光発電システムの補助金額に加算。ただし、ZEHの申請をする場合は対象外。
  • 家庭用燃料電池システム、家庭用蓄電システム:設置費用の10%(上限15万円)
  • 家庭用エネルギー管理システム(HEMS):設置費用の10%(上限1万円)
  • 電気自動車等充給電設備:設置費用の10%(上限5万円)
    ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス):定額40万円
  • 低公害車:車両本体価格(税込。値引きがある場合は値引き後価格)の5%(燃料電池自動車 上限35万円、プラグインハイブリッド自動車・電気自動車(超小型電気自動車は除く) 上限15万円、超小型電気自動車 上限5万円)
  • 外部給電設備:設置費用(税込) 上限1万円
問い合わせ先

環境経済部環境課
TEL: 0561-32-8018
http://www.city.aichi-miyoshi.lg.jp/kankyo/hojyokin/ecoenergyhojyo.html

備考
補助金タイプキャッチ 補助金タイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり