扶桑町住宅用地球温暖化対策設備設置費補助金(令和3年度) - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

扶桑町住宅用地球温暖化対策設備設置費補助金(令和3年度)

都道府県市町村申請期間事業名
愛知県 丹羽郡扶桑町 2021年04月01日~2022年03月31日 扶桑町住宅用地球温暖化対策設備設置費補助金(令和3年度)
制度概要

住宅で行う再生可能エネルギーの利用を促進し、温室効果ガス排出の抑制を通じて地球温暖化防止に寄与することを目的に、住宅用地球温暖化対策設備を設置する方に対し、その費用に対して予算の範囲内で補助する事業を行っています。
補助金の申請は、4月1日より受付けています。

※必ず対象システムに係る設置工事に着手する前に、補助申請をしてください。

※太陽光発電システム及び太陽熱利用システムの単独補助はありません。

補助対象システム

  • 家庭用エネルギー管理システム(HEMS) 【単独設置】
  • 定置用リチウムイオン蓄電システム 【単独設置】
  • 住宅用太陽光発電システム+HEMS+定置用リチウムイオン蓄電システム 【一体的設置】
  • 住宅用太陽光発電システム+HEMS+高性能外皮等 【一体的設置】

補助対象者

  • 町内において自らが所有し、かつ居住する住宅に対象システムを設置しようとする方
  • 町内において自らの居住の用に供するため、新築する住宅に併せて対象システムを設置しようとする方
  • 町内において自ら居住するため、建売住宅供給者から対象システム付き新築住宅を購入しようとする方

※暴力団、暴力団員又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有している場合並びに、町税を滞納している場合は、補助対象者となりません。

補助対象の例

家庭用エネルギー管理システム、定置用リチウムイオン蓄電システム(単独設置)
  • 既に太陽光発電システムを設置している住宅に、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)や定置用リチウムイオン蓄電システム(蓄電池)を設置する場合
  • 既築の住宅に太陽光発電システムの設置と併せて、HEMSか蓄電池のどちらか一方を設置する場合
  • 太陽光発電システムと併せて、HEMSか蓄電池のどちらか一方を備えた住宅を新築する場合
  • HEMSや、蓄電池を備えた建売住宅を購入する場合

※HEMSと蓄電池の両方を設置する場合、両方とも補助の対象になります。

太陽光発電システム+HEMS+蓄電池(一体的設置)
  • 既築の住宅に、太陽光発電システムとHEMS、蓄電池の3点を合わせて設置する場合
  • 太陽光発電システムとHEMS、蓄電池の3点を備えた住宅を新築する場合
  • 太陽光発電システムとHEMS、蓄電池の3点を備えた建売住宅を購入する場合

※太陽光発電システムのみの設置に対しての補助はありません。

太陽光発電システム+HEMS+ZEH(一体的設置)
  • 太陽光発電システムとHEMS、ZEHに必要なシステムの3点を備えた住宅を新築する場合
  • 太陽光発電システムとHEMS、ZEHに必要なシステムの3点を備えた建売住宅を購入する場合

※併せて蓄電池を設置する場合は、蓄電池の単独設置の補助も対象になります。

受けられる補助金

補助金の額

一体的設置など複数の設備を同時に設置する場合は、各設備の補助金額の合計となります。

家庭用エネルギー管理システム(HEMS)
  • 補助対象経費の4分の1
  • 上限10,000円
定置用リチウムイオン蓄電システム
  • 補助対象経費の4分の1
  • 上限100,000円
住宅用太陽光発電システム
  • 補助対象経費の4分の1
  • 太陽電池モジュールの公称最大出力1キロワット当たり13,200円
  • 上限4キロワット
高性能外皮等(高断熱外皮、空調設備、給湯設備、換気設備)※ZEHに必要なシステム
  • 補助対象経費の4分の1
  • 上限100,000円

※ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により省エネルギーに努め、さらに太陽光発電等によりエネルギーを創り出すことで、年間のエネルギー消費量がゼロ以下になる住宅のことであり、国のZEH支援事業により補助を受けるものが補助対象になります。

問い合わせ先

産業環境課環境グループ
TEL: 0587-93-1111
https://www.town.fuso.lg.jp/kankyou/ondanka_hojokin_r2.html

備考
補助金タイプキャッチ 補助金タイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり