令和3年度環境保全対策支援事業補助金について(太陽光発電施設、蓄電池、エネファーム、HEMS、電気自動車、燃料電池自動車) - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

令和3年度環境保全対策支援事業補助金について(太陽光発電施設、蓄電池、エネファーム、HEMS、電気自動車、燃料電池自動車)

都道府県市町村申請期間事業名
神奈川県 海老名市 2021年04月01日~2022年02月28日 令和3年度環境保全対策支援事業補助金について(太陽光発電施設、蓄電池、エネファーム、HEMS、電気自動車、燃料電池自動車)
制度概要

海老名市では、再生可能エネルギーなどの有効利用の促進と低炭素社会の実現に向けて、環境に配慮した設備などの設置に対して、予算の範囲内において経費の一部を補助しています。

対象設備

  • 太陽光発電施設
  • 定置用リチウムイオン蓄電池
  • エネファーム
  • HEMS(ヘムス)

※補助対象設備は、国の補助制度などに準じる。

補助金を受けることができる方

以下の4点を満たしている方

  1. 新規に設備を設置する方(新品のみ対象/リース含む)
    注1:申請者と工事などの契約者(注文者)、電力受給契約者(太陽光発電施設のみ)が一致していること。
    注2:既に設置・購入されている設備(中古)は、補助の対象になりません。
  2. 市内の自宅または事業所に設備を設置する方(設備付き建売住宅も可)
    注:市内の自宅の場合は、そこに住民票を置くこと
  3. 市税及び国民健康保険税(加入者のみ)の未納がない方
  4. 令和4年3月31日(木曜日)までに設置・購入の完了と、完了届の提出ができる方
受けられる補助金

太陽光発電施設

発電能力1キロワットにつき20,000円
(ただし上限額200,000円まで)

定置用リチウムイオン蓄電池

1設備につき70,000円

エネファーム

1設備につき60,000円

HEMS(ヘムス)

1設備につき10,000円
(補助事業費が20,000円未満の場合は、補助事業費の半額)

※算定した補助金額に1,000円未満の端数がある場合は切り捨て。
※太陽光発電施設の発電能力とは、モジュールの公称最大出力の合計値。

スマートハウス加算

太陽光発電施設とHEMSに加えて、定置用リチウムイオン蓄電池またはエネファームの3設備を同時に設置した場合、スマートハウス加算として20,000円を補助します。

注:予算額に達した時点で受付を終了します。

問い合わせ先

経済環境部 環境課
TEL: 046-235-4912
https://www.city.ebina.kanagawa.jp/guide/kurashi/hozen/1012253.html

備考
補助金タイプキャッチ 補助金タイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり