帯広市新エネルギー導入促進補助金(令和4年度) - 太陽光発電の見積もり・価格比較サービス【エコ発】

1620件の見積もり依頼

114社の販売店登録済※2022/06/25時点

1620件の見積もり依頼

114社の販売店登録済※2022/06/25時点

帯広市新エネルギー導入促進補助金(令和4年度)

補助金の詳細に関しては各自治体にお問い合わせください。
補助金確認後の太陽光発電設置の際は「エコ発」の一括見積を是非ご利用ください。

都道府県市町村申請期間事業名
北海道 帯広市 2022年04月01日~2023年01月31日 帯広市新エネルギー導入促進補助金(令和4年度)
制度概要

新エネルギー機器等をご家庭に導入される方に対して補助金を交付します。
※申請は工事着手前に行ってください。工事着手後の申請、または決定通知交付前に着工された場合は補助金の対象外となります。

補助対象設備

太陽光発電システム ※定置型蓄電池併設を含む
  • 太陽電池モジュールの最大出力又はパワーコンディショナの定格出力のいずれか小さい方の値が10kW未満である
  • 低圧配電線と逆潮流有りで連携し、電力会社と電力受給契約を締結できる
  • 未使用品である

※以下、定置型蓄電池併設の場合の追加要件

  • 常時、太陽光発電と接続し、太陽光発電が発電する電力を充放電できる蓄電池である
  • 蓄電池容量が1kWh以上である
  • 未使用品である

補助対象者

  • 市内に居住している、または令和5年3月31日(金曜日)までに市内に居住する予定
  • 令和5年3月31日(金曜日)までに実績報告書に必要書類を添付して提出できる
  • 市税を滞納していない
  • 自らを含め同一世帯内に同一設備の補助を利用した方がいない
  • おひさまソーラーネット帯広※に入会申込書を提出できる
  • 帯広市暴力団排除条例第2条第2号に規定する暴力団員又は同条第3号に規定する暴力団関係事業者に該当しない

※「おひさまソーラーネット帯広」とは、太陽光発電システム設置によるCO2排出削減量を取りまとめるために設置した団体です。取りまとめたCO2排出削減効果はクレジット化し、企業等へ売却ています。売却益は環境基金に積み立て、環境対策等に活用しています。

補助対象住宅

市内にある、または市内に建築予定で自ら居住する住宅

受けられる補助金

太陽光発電システムのみ

補助率

対象経費の10分の1

補助上限

50,000円

募集件数

100件

太陽光発電システム(定置型蓄電池併設)

補助率

対象経費の10分の1

補助上限

150,000円

募集件数

50件

問い合わせ先

都市環境部環境室環境課環境保全係

電話

0155-65-4135

URL

https://www.city.obihiro.hokkaido.jp/kurashi/kankyo/energy/kashitsuke/1003733.html

備考
補助金タイプキャッチ 補助金タイプイメージ

郵便番号を入力(設置住所)必須

売電終了で卒FITを迎えた方へ
最大5社から一括見積もり