蓄電池がうるさいと騒音問題になることもある?! - 家庭用・住宅用・産業用蓄電池の価格比較・無料見積もりサイト - エコ発蓄電池

蓄電池がうるさいと騒音問題になることもある?!

公開日:2020/01/31 | 最終更新日:2020/01/31 | カテゴリ:ニュース

電気代の節約や災害時の停電などに備えて太陽光発電と蓄電池を導入しているという方も増えてきています。

蓄電池は大きな機械を家に取り付けるということもあり、騒音問題を気にしているという方も多いのではないでしょうか?

ここでは蓄電池はうるさくないのか、騒音問題はありえるのかについて紹介していくので、是非参考にしてください。

蓄電池に騒音問題はない!?

それでは蓄電池に騒音はないのかどうかについてですが、結論から言えば騒音問題はないと言えるでしょう。

一般的な家庭用蓄電池の騒音レベルは「35dB(デシベル)~40dB(デシベル)」以下と言われています。

これは図書館の中や静かな住宅街の昼間と同じくらいのレベル。このくらいであれば騒音とは言えないので、問題はなさそうですね。

もちろん、全く音がしないというわけではありません。寝室などに置くのは避けたほうが良いでしょう。

産業用などの容量が大きな蓄電池はうるさいかも?

一般的な家庭用蓄電池に騒音問題はないということを紹介してきましたが、産業用蓄電池の場合はうるさくなる可能性もあります。

産業用蓄電池は容量も大きくなるため、その分作動する音も大きくなる可能性が高くなるので、もしかしたら大きな音が出るかもしれません。

とはいえ、こちらも通常の会話は可能なレベルでしょうから、特に大きな問題はないでしょう。

また、産業用蓄電池を設置する場所の多くは一般の方が生活するところではないでしょうから、設置されていたとしても気にする必要はないかもしれませんね。

音が気になる場合は対策を考える

もし音が気になるという方は、騒音対策をするのも良いかもしれませんね。ここではどのような対策が必要になるかを記載していきたいと思います。

防音壁で囲む

まず1つできる対策としては蓄電池を防音壁で囲むことでしょう。

ただ、防音壁で囲むのは産業用蓄電がほとんどですので、一般の家庭用蓄電池で防音壁を作るということはありません。

ただ、集合住宅などに設置する場合は音がもれないように、防音壁まではなくても防音対策が必要です。

集合住宅や住宅街の場合は音を気にする住民が近くにいると、騒音問題になってしまうので、ご注意ください。

多少うるさくても問題ない場所に置く

また、設置場所を選べるのであれば、多少うるさくても問題ない場所においておくのも良いでしょう。

例えば、一戸建て住宅の場合は音がしても問題ないところに置くと良いですね。とはいえ、家庭用蓄電池の騒音レベルは40dB以下ですので、寝室などに置かない限り問題ありません。

また住宅街に設置する場合は近隣の住宅街に迷惑がかからないようにすると良いですね。隣の住宅の寝室に隣接するような場所でなければ問題はないでしょう。

マンション住まいの場合は蓄電池の周りなどに防音対策をすると良いかもしれませんね。

騒音問題にも対応してもらえるか見積もりをしよう

今回は蓄電池に騒音問題はあるかどうかについて紹介してきました。家庭用蓄電池の場合は、気になるほどの音ではないので問題はありません。

ただ、集合住宅などに住んでいると音に敏感な人もいるため、普通の人には気にならない音でも騒音に感じるという方もいます。

そうなると近隣トラブルの元にもなり、せっかく高いお金を払ったのに蓄電池が使えないということにもなりかねませんし、最悪の場合家を追い出されるという可能性もあるので注意が必要です。

そうならないためにも見積もりの際に稼働音は問題ないか、防音対策もしてもらえるか聞いてみるのも良いかもしれませんね。

まずは当サイトから見積もりをしてみてください。当サイトでも全国5社から見積もりをしているので、興味があるという方はぜひ見積もり依頼をしてみてください。

監修

監修

エコ発事務局 太陽光アドバイザー

曽山

『誠実、スピーディーな応対』をモットーに日々エコ発を運営しています。 お客様への応対だけでなく全国に数百ある提携業者様とのやり取りをはじめ、購入者様へのキャンペーン企画やウェブサイトの改善など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。 卒FIT後の太陽光発電の活用方法など、お困りごとがございましたら、お問い合わせにてお気軽にご相談下さい。

家庭用・産業用蓄電池の
無料一括見積もり

女性オペレーター

郵便番号を入力(設置住所)必須

設置場所を選択

※郵便番号が分からない方はこちら
BNR