太陽光発電と蓄電システムで電気料金もお得に!相性抜群の組み合わせ - 家庭用・住宅用・産業用蓄電池の価格比較・無料見積もりサイト - エコ発蓄電池

太陽光発電と蓄電システムで電気料金もお得に!相性抜群の組み合わせ

太陽光発電 + 蓄電池 = 電気料金削減 + 非常用電源

最近、太陽光発電業界で注目度の高まっている蓄電池。お家に太陽光発電を導入されている方は、気になっている方が多いのではないでしょうか?

そんな蓄電池が注目される理由と、そのメリットを紹介しましょう。

蓄電池とは?

蓄電池とは、電気を貯めておくタンクのような装置です。イメージとしては、充電式の乾電池がとても大きくなった装置ですね。蓄電池があれば、電気を貯めておいて使いたいときに使うことができます。

意外と勘違いをしている人も多いのですが、太陽光発電のシステム自体には電気を貯めておく機能はありません。そのため、電気を貯めたいのであれば、蓄電池が必要になります。

蓄電池は、地震や台風などの自然災害が増えたことで、非常時用の電源として活用できるため徐々に導入が増えてきています。また、蓄電池導入に関する補助金が創設されるなど、政府による後押しもあり注目が高まってきています。

既に太陽光発電を導入している人にもオススメできる理由とは?

蓄電池がオススメな方とは、どういった方でしょう。それはズバリ「太陽光発電を導入している方」です。

その理由は大きく2つあります。

『効率的』に電気を使えて電気料金が『お得』になる

『お得』になる仕組みを説明しましょう。

いま、太陽光発電を導入しているお家の電気の扱いは大きく3つに分かれます。

  1. 太陽光発電で発電した電気を家の中で使う(自家消費)
  2. 太陽光発電で発電して余った電気を売る(余剰売電)
  3. 夜など太陽光発電してないときは電気を買う(買電)

太陽光発電を導入していないお家では、①と②がないので、常に③電気を買うことになりますね。 太陽光発電のメリットは、①で節電して、さらに②で売電収入を得られることですね。

実は、蓄電池が加わることで、①の節電効果を高めてさらに②の売電収入を増やことができます。

夜間の電気代はプランによりますが、下記の様に昼間に買う電気代よりも2割〜4割程度安くなっています。

(引用:東京電力「夜トクプラン」)

蓄電池があれば、この安い夜間の電気を貯めておくことができます。 昼間に使う電気は蓄電池の電気を放電し、この安い夜間の電気で賄うことで昼間と夜間の電気代の差分だけ『お得』になります。

つまり、節電効果を高めて『昼間の電気代を安く』することができます。

では、売電収入をどうして増えるのでしょうか。

昼間は蓄電池に貯めた電気を使います。そのため、太陽光発電で発電した電気を使わずに済みます。 そうすることで、その分だけ『売る電気を増やす』ことができるため売電収入を増やすことができます。

このとき売電する電気の単価はダブル発電というカテゴリになるため、1円(2018年度)下がってしまいます。 しかし、昼間に使う電気使用量・蓄電池の容量にもよりますが、1円下がるよりも節電と売電の増加で電気料金が『お得』になることもあります。

もちろん太陽光発電を導入していない方にもメリットはあります。 しかし、売電収入の増加がある分、やはり太陽光発電を導入されている方のほうが、受ける恩恵は大きくなります。

非常用電源になる

蓄電池に貯めた電気は、災害などの非常時に使えるのでとても心強いです。しかし、蓄電池があったとしても太陽光発電がなければ、使えるのは貯めた電気1回分だけなんです。

そこで、太陽光発電があれば、充電式の乾電池と同じで、昼間に発電した電気を毎回貯めて使うことができます。記憶に新しい、北海道胆振東部地震のような大規模な災害だと、停電によって電気が1日以上も使えないということも十分に考えられます。

太陽光発電と蓄電池がセットになっていれば、より長く電気を使えるのでかなり安心度が高まるでしょう。

太陽光発電とセットで導入する場合の蓄電池はどういうものを選ぶ?

それでは、蓄電池の種類と、太陽光発電とセットで相性について、紹介していきましょう。

まず、蓄電池種類ですが、次の3タイプがあります。

  1. 可動式タイプ
  2. 据置きタイプ
  3. 創蓄連携タイプ

ひとつずつその特徴を見ていきましょう。

可動式タイプ

可動式タイプは、蓄電池の下にキャスターが付いていて、移動しやすくなっているものです。ただ、貯められる容量が少なく、太陽光発電と連携せずに、コンセントで充電するタイプが多くなっています。価格は手頃なため、簡易的な導入に向いていますが、太陽光発電とセットの場合はあまりオススメできません。

据置きタイプ

据置きタイプは、太陽光発電と連携して、発電した電気を貯めることができます。

大きな箱状になっていて、容量にもよりますが、かなりの大きさなので広い設置スペースが必要です。箱の中には、蓄電池の電池と一緒に、蓄電池用のパワーコンディショナーも入っています。太陽光発電と連携できるので、セットに向いているでしょう。

創蓄連携タイプ

創蓄連携タイプは、太陽光と蓄電池のパワーコンディショナーが一体型になったものです。

一体型になっているので、設置スペースをとられませんし、発電した電気を貯めるときの効率も据置きタイプよりも良くなっています。もし、太陽光発電とセットで導入するのであれば、創蓄連携タイプが最もオススメと言えます。

また、蓄電池のメーカーや機種を選ぶときには、太陽光発電との接続性と、蓄電池の保証期間も選ぶ基準に入れると良いでしょう。太陽光発電との接続性は、太陽光発電メーカーと蓄電池メーカーの双方に確認せずに接続してしまうと、どちらかの製品保証の対象外となることもあります。そのため、異なるメーカーを使いたい場合は、相互に確認を行いましょう。

2019年以降、更に蓄電池が注目される理由とは?

実は2019年以降、蓄電池の注目度が更に高くなると言われています。それは、太陽光業界で騒がれている「2019年問題」が大きく影響しています。

「2019年問題」とは、固定価格買取制度、いわゆるFIT制度の契約終了を意味しています。FIT制度とは、決められた売電価格で10年間、太陽光発電の電気を電力会社に売ることのできる制度のことです。

このFIT制度は2009年からスタートしたため、最初の卒業生が2019年に出ます。その卒業生の方は、再度電力会社と売電の契約をすることになりますが、実は2019年以降、まだ売電価格がいくらになるかは未決定なのです。

しかも、売電価格は制度スタート当初に言われていた、24円/kWhより大幅に下る予想です。

加えて、電力会社から買う電気代は今後どんどん上昇を続ける可能性が高いと言われています。そのため2019年以降、太陽光発電は『売る』より『使う』方が『お得』になるんです。

ここで、蓄電池が登場です。『使う』方が『お得』になるので、電気を貯めて効率的に使える蓄電池の重要性が2019年以降、より増してくるんです。

さらに、太陽光発電を設置してから10年経つと、パワーコンディショナーが買い替えの時期になってきます。メーカー保証内の期間、内容であれば問題がありませんが、それを超過した場合、買い替えと合わせるタイミングで蓄電池を導入する方が増えていくと言われています。

まとめ

いま、注目度の高まっている蓄電池の紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

蓄電池は、太陽光発電の電気をより効率的に『使う』ことができて、電気料金を『お得』にできましたね。さらに、2019年以降、FIT制度終了と電気代の高騰で、『売る』から『使う』方が『お得』になり、蓄電池がより重要になっていくことがわかりました。

ご自宅に太陽光発電のある方は、検討を進めてみてはいかがでしょうか。

公開日:2018/10/24 | カテゴリ:蓄電池とは【基礎知識】