太陽光発電について 50kW未満の低圧連係で太陽光発電システムを設置するメリットを教えてください-土地付き・住宅用太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発

太陽光発電について

50kW未満の低圧連係で太陽光発電システムを設置するメリットを教えてください

50kW未満の低圧連係で太陽光発電システムを設置するメリットは、高圧連係で設置するよりも初期コスト・ランニングコストを低く抑えられることです。

49.9kWと50kWの設備を比較した場合、初期コストで100万円~200万円の差がついてしまいます。また、維持管理のランニングコストとして主任技術者への委託費用、年間数十万円が必要となります。50kW以上の高圧連係で設置を希望する場合、80kW~90kW程度の容量を設置しないと、20年間の収益が低圧連係49.9kWを下回ってしまう可能性があります。

それでは。50kW以上の太陽光発電システムを設置する場合に必要な機器・手続きを詳しく見ていきましょう。100kWよりも50kW未満で設置した方が得だと聞きましたが本当ですか?にもまとめていますが、50kW以上の高圧連係で電力会社と契約すると、以下のものが必要になります。

50kW以上の高圧連係に必要な費用

  • キュービクル(100kWで100万円~150万円)
  • 主任技術者の選任、または委託(年間50万円~70万円程度)
  • 電力会社との接続協議(検討費用として21万円)
  • 保安規定の届出

キュービクル(高圧受電設備)は高圧連係に必要な機器ですが、出力量に応じて100万~500万円程度の費用がかかります。ほかにも主任技術者への固定費用、電力会社との接続検討必要に21万円の費用が発生します。保安規定の届出は、高圧または、特別高圧の変電設備・蓄電設備を設置する場合には所轄消防署への設置届出が必要になります。

50kW未満の低圧連係で設置すると、これらの費用、手続きが不要となるため、時間と費用の面でメリットがあります。

50kW未満と50kW以上の手続きの違い

※50kW未満の電気工作物を一般用電気工作物、50kW以上の電気工作物を自家用電気工作物と規定しています。電気工作物とは、発電・変電・送電・配電または電気使用のために設置する機械・器具・ダム・水路・貯水池・電線路その他の工作物のことを指します。ここではもちろん太陽光発電システムのことですね。

電気工作物 太陽光発電部分の
工事計画
工事計画 使用前検査 使用開始届 主任技術者 保安規定 届出先
一般用 50kW未満(※2) 不要 不要 不要 不要 不要 不要
自家用 50kW未満(※3) 不要 不要 不要 外部委託承認 届出 経済産業省
産業保安監督部
50kW以上
500kW未満
不要 不要 不要 外部委託承認 届出 経済産業省
産業保安監督部
500kW以上
1000kW未満
不要 不要 不要(※1) 外部委託承認 届出 経済産業省
産業保安監督部
1000kW以上
2000kW未満
不要 不要 不要(※1) 選任 届出 経済産業省
産業保安監督部
2000kW以上 届出 実施 不要(※1) 選任 届出 経済産業省
産業保安監督部

※1出力500kW以上の電気工作物を譲渡、借用する場合には、使用開始届が必要。
※2低圧連系の50kW未満、もしくは独立型システムの50kW未満が該当する。
※3高圧受電・連系での、50kW未満は自家用電気工作物

こちらの表はJPEA(太陽光発電協会)の資料を引用しています。50kW未満の一般用の部分は全ての項目で「不要」となっています。50kW以上になってくると設置容量に比例して必要な届出が増えていきます。手続きの面でも低圧連係で設置するメリットはありますね。

50kWの設備ってどのくらいあるの?

では、実際に50kW未満の設備がどのくらい設置されているのか見ていきましょう。経済産業省 資源エネルギー庁「調達価格等算定委員会」の資料を参考にしています。

10-49-kensu

20年間の全量買取対象のラインとなる10kWを超えた容量での設置件数が多いです。高圧連係のラインとなる48kW、49kWあたりでも、少しだけ他のグラフより数字が伸びています。

設置容量は予算、土地の面積、使用するパネル、施工業者など、総合的な判断が必要になります。低圧連係(50kW未満)と高圧連係(50kW以上)それぞれのメリット・デメリットをしっかりと考慮するようにしましょう。

50kW未満低圧連係の設置に関するお問い合わせはこちらから











この質問と関連する記事

太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ

最新情報 太陽光発電♪最新NEWS
太陽光最新情報
太陽光発電の最新情報はこちらからどうぞ!住宅用、産業用の情報をしっかりキャッチできます♪
よくある質問 太陽光発電よくある質問
分からないことはここで解決
太陽光発電に関するよくある質問コーナーです。『余剰と売電はどっちがお得?』など、気になるギモンは見積もりの前に解決!
ソーラーローン ソーラーローン取扱い金融機関一覧
お得に発電設備を付ける
ソーラーローンを取り扱う全国の銀行信用金庫をご紹介しています。融資を上手に活用してお得に太陽光発電を設置しよう!
補助金検索 補助金の金額
補助金情報を確認
全国の自治体の補助金額・期限の確認はこちらから!補助金を利用することで見積もりから更にお得に太陽光発電を設置できます。
メーカー比較 太陽光発電メーカー比較
メーカー比較
太陽光発電のメーカーを、発電量、保障、変換効率から比較。複数メーカーの見積もり・価格比較を依頼する前にチェックしよう!
特集 太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較
太陽光発電の見積もり・価格比較に役立つコンテンツ。自分に最適な施工販売会社の見つけ方、見積もり比較のメリットをご紹介!

全国の太陽光発電施工販売業者の見積もり価格を比較して最安値を選ぼう!

ページTOPへ